Today's PICK UP

毎月異なる小麦のうどんが届く「うどんサブスクリプションサービス」がリリース

株式会社丸山製麺とうどんライター・井上こんは、2020年11月11日、毎月品種を変えたうどん2種類を届けるうどんサブスクリプションサービス『UDON LAB(うどんラボ)』をリリースした。

■「UDON LAB(うどんラボ)」誕生の経緯

現在、日本でうどんに使われる小麦は20品種以上あり、北は北海道、南は沖縄まで各地でさまざまな特徴を持つ品種がつくられている。しかし実際には、価格的および品質的に安定した輸入小麦や国産とのブレンド粉の使用が半数を占めており、また、国産小麦のおいしさや面白さ、品種ごとの食感の違いといった面が知られていない状況だという。うどんは製粉・塩や水の分量・技術など、実に多くのプロセスが複雑に絡み合ってつくられる。「UDON LAB」では、そのなかの最初かつ重要な要素といえる「品種」に着目し、”あえて国産小麦100%のうどんを食べてもらい、うどんを小麦から知ることができる機会をつくれたら”という思いから誕生したとのことだ。

■「UDON LAB(うどんラボ)」概要

「UDON LAB」は、ただうどんを届けるだけのサービスではなく、小麦を主役とした究極的にシンプルで新しいうどんの愉しみ方を提案するサブスクリプション。
うどんを小麦から知ってもらうために、
・毎月品種を食べ比べられる
・シングルオリジン(単一品種)にこだわる
・日本小麦のみピックアップ
をコンセプトに、毎月の“UDON LAB便”では「モチモチ感が強い品種」&「風味が濃い品種」、または「食感が力強い品種」&「上質な粘りがある品種」といったように、ほかにはないユニークな食べ比べ体験を届ける。

・月1回のUDON LAB便のお届け
出典元:プレスリリース
①(初回のみ)初回特典「系譜図つき! UDON LAB入会証」
②毎月変わる! 2品種のうどん4食セット(つゆ付)
国産小麦100%のうどんを食べ比べできるセット。冷凍便で届けるので、賞味期限も安心。
③うどんがもっと愉しくなる! UDON LABレター
届けた品種の紹介やおすすめレシピをはじめ、育成者・実需者へのスぺシャルインタビューなど、LABメンバーの知的好奇心をくすぐる内容を予定している。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。