Today's PICK UP

バーチャル観戦アプリが、スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOの共同プロジェクト採択事業に決定

バーチャル観戦アプリ「SpoLive(スポライブ)」は、2020年11月、スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOが共同で開催する「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ) アクセラレーション」の協業企業として採択されたと発表した。

■今回の採択について

応募者の中から一次審査を経て15件の一次審査通過事業が選抜され、11月上旬に開催されたキックオフ・イベントでのピッチを経て、SpoLiveを含む5事業が採択された。審査を通過した最終採択事業は、約3ヶ月間のメンタリング期間でアイデアをブラッシュアップし、2021年2月中旬にデモデイにて成果を発表予定だ。

■採択事業について

SpoLiveは、スポーツファンとアスリートやチームの距離をデジタルの力で縮めることを目指し、バーチャル観戦プラットフォームの開発・運営を行っている。SpoLiveのバーチャル観戦アプリおよび管理クラウドを活用することにより、コラボレーションパートナーと試合管理のデジタル化やバーチャル観戦の実証実験を開始する。

■INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)とは

イノベーションリーグは、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム構築の推進を目的としたプログラム。中でもイノベーションリーグ アクセラレーションは、スポーツ周辺領域のテクノロジーとスポーツ協会・団体が持つ課題やアセットを掛け合わせることでアイデアを創出し、スポーツビジネスの拡張を目指すプログラムだ。

■SpoLiveアプリとは

スポーツ観戦をより楽しめるモバイルアプリ。試合中のリアルタイムな情報提供と、それに対する様々なバーチャル応援により、新たなスポーツ観戦体験を創出している。試合をさらに楽しむための実況機能や、AIを活用したルールや選手の解説機能、一緒に試合を見ているファン・サポーター同士で盛り上がることができる機能も備えている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。