Today's PICK UP

NECソリューションイノベータ、ペーパーレス会議サービスのSaaS版を提供開始

NECソリューションイノベータは、SaaS(Software as a Service)型ペーパーレス会議サービス「ConforMeeting SaaS版」を2020年11月12日より提供開始すると発表した。
リモートワークが急速に普及し、会議が従来の会議室に集まるスタイルからオンラインへと変化している中、さらなる意思決定のスピードアップ、議論の質向上が求められている。そこで同社は、200社以上の導入実績を持つペーパーレス役員会議システム「ConforMeeting/e」について、導入が容易なSaaS型でWeb会議システムとの連携を可能にした「ConforMeeting SaaS版」を提供する。リモート環境下における会議参加者の理解促進、議論活性化と円滑な会議運営を支援する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■本サービスの特長

・Web会議システムとの連携
映像と音声を共有するWeb会議システムと、ペーパーレスで資料共有を行う本サービスの連携を実現する。具体的には、事前にWeb会議システムのIDを本サービスに設定することで、会議開催時に自動でWeb会議システムが起動する。

・会議資料の使い勝手の向上とセキュアな管理
Web会議システムでは使い勝手に課題のあった資料操作について、本サービスにより表示された資料を見るだけでなく、参加者の手元でのページめくりやメモ書き、過去の会議資料の確認を行うことが可能になる。これにより会議内容の理解を促進し、リモート会議における議論の質向上、意思決定の迅速化を支援する。また、会議資料は過去の資料含め会議参加者の端末には保管されず、暗号化してクラウド上で一元管理する。これにより、秘匿性の高い資料でも安心して共有することができ、セキュアな会議の実現を支援する。

・スムーズな会議進行
会議事務局は、発表者の交代や資料の切り替えなどの議事進行を、本サービス上でコントロールすることができる。事務局が事前に議事(発表者、資料、持ち時間)を設定しておくことで、画面上のタイマーにより、議題毎に決められた時間配分での進行を促進し、生産性の高い効率的な会議の運営を支援する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。