Today's PICK UP

NEC、共感コミュニティ通貨を活用したコミュニティ形成の実証実験を開始

日本電気株式会社(以下、NEC)と株式会社eumoは、様々な社会課題を解決する原動力が新しいコミュニティのカタチにあると考え、応援する人と挑戦する人のコミュニティ形成を目指した実証実験「GIFT & ACTION」を2020年12月~2021年2月までの3か月間、共同で行うと発表した。
NECは、2017年度から「NEC未来創造会議」をスタートし、国内外の有識者と共に2050年に“人が生きる、豊かに生きる”社会の実現を目指して議論を重ねてきた。その中で様々な議論を経て多様な人々が意志を共鳴し合う「意志共鳴型社会」というコンセプトを導出し、2020年度から実現に向けた取り組みを始めた。本実証は、その取り組みの一環だという。

様々な分断が生じている現代社会において、分断を克服して豊かな社会を実現していくためには意志を共鳴しあった人々のコミュニティが必要と考えているという。それは、挑戦したい人が安心して挑戦できる「場」としてのコミュニティであると同時に、応援する人の意識を育て未来の挑戦を育む「場」としてのコミュニティでもありる。その実現に向けて応援と挑戦の文化を社会へと広げ、コミュニティが分断を克服して豊かな社会を築く力となることを本実証を通じて明らかにしていくとのことだ。

eumoは貯めるお金から、循環するお金へ「幸せになるための手段」とお金を再定義した、新しい電子マネー「eumo(ё)」の運営を中核に、円での「交換価値」から、縁を大事にする「共感価値」へお⾦だけではない価値を大切にする「共感資本社会」の実現を目指しているという。今回、両社の目指す社会の実現に向けて共感・共鳴し、本実証の実施に至ったとのことだ。

■「GIFT & ACTION」の概要

一般応募者とNECグループ社員で構成される最大250名の参加者向けイベントを定期的に開催して、様々な挑戦(ACTION)を発表し、参加者同士で応援(GIFT)し合う。応援には共感コミュニティ通貨eumo(ё)をカスタマイズした「GIFT&ACTION Coin」を使用し、事務局から参加者へ1,000gift(実証内における通貨単位)を付与され、応援メッセージと共にGIFTコインをやりとりする。実証実験期間中、挑戦者と応援者のコミュニティがどれだけ生まれるか、新たな挑戦がどれだけ生み出されるか、などを評価する。NEC未来創造会議が目指す「意志共鳴型社会」では「小さな挑戦の連動が大きな未来を創造する」と考えており、今回の取り組みをきっかけに社会課題の解決を目指すという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事