Today's PICK UP

ヤマトHDとSHOWROOM、ライブコマース機能を活用した生産者向け販売支援を開始

ヤマトホールディングス株式会社とSHOWROOM株式会社は、ヤマトHDが持つ全国の生産者のつながりと、仮想ライブ空間「SHOWROOM」のライブコマース機能「SHOPROOM」を活用し、新たな販売支援の取り組みを開始すると発表した。
本取り組みより、商品の価格、魅力のみならず、生産者の声や商品のバックストーリーまでを、生配信で視聴者に届ける“ストーリーライブコマース”をスタート。生産者の想いや商品の歴史を更に深く視聴者に届ける。本取り組みの第一弾には、AKB48の姉妹グループ「STU48」の参加が決定、メンバーたちの特に思い入れのある地元瀬戸内エリアの生産者、ならびに商品を、ストーリーライブコマースを通じて共に盛り上げる。

■連携の背景・目的

新型コロナウイルス感染症拡大で、ステイホームやテレワークを中心とした新しい生活様式が浸透し、利用者はECサイトで商品を購入する機会やSNSなどデジタル上でコミュニケーションを行う機会が増えている。一方、コロナ禍において国内消費は落ち込み、農家など地場産業の生産者は危機感を持っている。今回、ヤマトグループが持つ物流ネットワークとSHOWROOMが持つライブコマースプラットフォームを融合し、商品の裏側にある生産者の想いまでを伝える “ストーリーライブコマース”を通じて、生産者に新たな販路を提供する取り組みを開始するとのことだ。

■第一弾の取り組みについて

(1)ヤマトグループがSHOWROOMに瀬戸内エリアの生産者を紹介し、SHOWROOMが選定する。
(2)STU48メンバーが実際に生産者のもとを訪れ、インタビューしたオリジナル番組『STU48の勝手に瀬戸内名産カタログ』を「SHOWROOM」とYouTubeの「SHOWROOMチャンネル」内で公開する。
(3)番組公開後から7日間、その番組に出演し、実際に生産者のもとへ訪れ、話を伺ったSTU48の2名が「SHOWROOM」の「SHOPROOM」機能を活用しライブ配信を行い、オリジナル番組の取材の様子や生産者、商品を自身の言葉で紹介。視聴者は、ライブ配信を楽しみながら、紹介された商品を簡単に購入することが可能だ。
(4) ライブ配信中に購入された商品は、ヤマト運輸が後日購入者へ届ける。
出典元:プレスリリース
「SHOPROOM」での商品購入イメージ
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。