Today's PICK UP

日経電子版、AIがおすすめ記事を選び出す「AI推薦」機能を導入

日本経済新聞社が運営する日経電子版は、新たに「AI推薦」サービスを導入したと発表した。
ユーザーが過去に読んだ記事の傾向をAIが学び、一人ひとりの関心に沿ったコンテンツを選び出して自動表示する機能だ。パソコンでは電子版のトップページに特設コーナーを設け、推薦記事のリストを提案。スマートフォン上で動く電子版アプリには、推薦記事が表示される「タブ」をつくる。

■使うほどに馴染むAI推薦

出典元:プレスリリース
日経電子版は1日約1000本の記事を配信し、経済・ビジネスを中心としたニュースを幅広く伝えている。そのなかから世界を動かす重要記事を専門の編集者が選び出し、電子版トップページに掲載している。新たに導入するAI推薦は、読者一人ひとりが関心を持つテーマに基づいて1000本の記事から解説記事や関連深い記事を選び出し、そのニュースを深く知る手伝いをするサービス。膨大な記事のなかに埋もれてしまいがちな記事の読み逃しを防ぐこともできるという。推薦の精度は利用頻度が高いほど向上。AIが読者の関心事を深く学ぶことで、必要な情報を最適のタイミングで提供できるようになるという。この「AI推薦」機能は、日経電子版会員(有料会員および無料会員)向けの限定機能となっている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。