Today's PICK UP

ニールセン、「新聞社のニュースサービス」の利用状況を発表

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のメディアデータを広告主向けメディアプランニング用途にカスタマイズした「ジャンル別デジタルメディアデータパッケージレポート」をもとに、「新聞社のニュースサービス」の利用状況を発表した。
2020年9月のジャンル別デジタルメディアデータパッケージレポートによると、「新聞社のニュースサービス」において、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルでの月間利用者数はASAHI SHIMBUN DIGITALが1,495万人で最も多く、次いでNihon Keizai Shimbun(1,143万人)、nikkansports.com(776万人)となっていた。一方、平均利用回数ではNihon Keizai Shimbun、Yomiuri Shimbun Onlineが月に8回で最も多く、次いでnikkansports.com(6回)となっていた(図表1)。
出典元:プレスリリース
次に、女性の月間利用者数を確認すると、ASAHI SHIMBUN DIGITALが733万人で最も多く、次いでNihon Keizai Shimbun(511万人)となっていた。また女性の含有率は、Yomiuri Shimbun Onlineが54%で最も高く、Hochi Shimbun(51%)が続いていた(図表2)。また、各サービスの女性の平均利用回数については、Yomiuri Shimbun Onlineが月に6回で最も多く、次いでASAHI SHIMBUN DIGITAL、Nihon Keizai Shimbun(5回)となっていた。(図表3)。

上記のように媒体ごとに利用者の構成は異なるため、全体の利用者数だけでなく、ターゲットと効率的にコミュニケーションを取るためには、それぞれのサービスの強みや利用者の特徴などを把握することが重要とのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。