Today's PICK UP

ニールセン、「新聞社のニュースサービス」の利用状況を発表

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のメディアデータを広告主向けメディアプランニング用途にカスタマイズした「ジャンル別デジタルメディアデータパッケージレポート」をもとに、「新聞社のニュースサービス」の利用状況を発表した。
2020年9月のジャンル別デジタルメディアデータパッケージレポートによると、「新聞社のニュースサービス」において、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルでの月間利用者数はASAHI SHIMBUN DIGITALが1,495万人で最も多く、次いでNihon Keizai Shimbun(1,143万人)、nikkansports.com(776万人)となっていた。一方、平均利用回数ではNihon Keizai Shimbun、Yomiuri Shimbun Onlineが月に8回で最も多く、次いでnikkansports.com(6回)となっていた(図表1)。
出典元:プレスリリース
次に、女性の月間利用者数を確認すると、ASAHI SHIMBUN DIGITALが733万人で最も多く、次いでNihon Keizai Shimbun(511万人)となっていた。また女性の含有率は、Yomiuri Shimbun Onlineが54%で最も高く、Hochi Shimbun(51%)が続いていた(図表2)。また、各サービスの女性の平均利用回数については、Yomiuri Shimbun Onlineが月に6回で最も多く、次いでASAHI SHIMBUN DIGITAL、Nihon Keizai Shimbun(5回)となっていた。(図表3)。

上記のように媒体ごとに利用者の構成は異なるため、全体の利用者数だけでなく、ターゲットと効率的にコミュニケーションを取るためには、それぞれのサービスの強みや利用者の特徴などを把握することが重要とのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。