Today's PICK UP

AI技術を搭載したボイスレコーダーがAmazonで販売開始

録音機能だけではなく、同時翻訳、文字起こしなど豊富な機能性を備えたAIボイスレコーダー『Summit(サミット)』がAmazon.co.jpにて販売が開始した。
『Summit(サミット)』AIボイスレコーダーは4基のマイクが搭載され、音声認識精度が極めて高く、テキストされた内容をPC・スマホで編集可能なデバイス。26の翻訳エンジンと連携、104言語に対応した通訳機能を有しており、翻訳機としても活用できる。また、800万画素のカメラと4インチのタッチパネル搭載で画像翻訳も可能なため、様々なシーンで活用できる。

■商品特徴

1.【AIが文字起こし、議事録作成を楽に】
104言語対応の強力な音声文字変換機能を備えている。「スマートレコーディング」モードでは、会話をリアルタイムで録音・文字起こししてくれるため、議事録作成の時間短縮につなげることができる。ビジネス会議、インタビューなど様々なシーンで、音声録音と文字起こしのニーズを満たし、作業の負担を大幅に軽減できる。
出典元:プレスリリース
2.【ワンボタン双方向音声翻訳】
2つの言語を選択した上、右側の多機能ボタンを長押し、話しが終わって指を離すと1秒もかけずに素早く翻訳してくれる。104言語のリアルタイム翻訳が可能。
出典元:プレスリリース
3.【新しい同時通訳モード】
Summitの新しい同時通訳モードは、どのTWS(完全ワイヤレスステレオ)Bluetoothヘッドセットにも接続できる。外国人インタビューやビジネス交流などの1対1の会話では、ヘッドセットから音声翻訳された内容が聞こえるため、緊張と言語の壁を感じずに、自然に交流ができるようになる。
出典元:プレスリリース
4.【800万画像のカメラ翻訳】
800万画素のカメラと4インチのタッチパネル搭載をしており、46言語の文字を写真に撮るだけで翻訳できる。外国語のメニュー、商品のマニュアルや説明文などに書かれたコンテンツはカメラで即時翻訳可能だ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。