Today's PICK UP

伊藤忠商事、日本気象協会と「アパレル向け需要予測サービス」をテスト運用へ

伊藤忠商事株式会社は、一般財団法人日本気象協会と、アパレル向け需要予測サービスの設計、開発及び運用において業務提携契約を締結。2021年春夏シーズンより、需要予測サービスのテスト運用を開始すると発表した。
昨今、ファッション業界が抱える構造的な課題として、余剰在庫の大量廃棄問題への関心が高まっている。この要因の一つである、近年激化する異常気象に着目し、ファッション業界の商習慣である「前年度の販売数量を前提とした生産計画」を、「客観的なデータに基づいた、精度の高い生産計画」に転換していくことが、課題解決の一助になると考え、本提携に至ったとのことだ。具体的には、複数のアパレル関連企業の過去の販売データと日本気象協会の有する気象データとの融合により、商品カテゴリー毎の中長期的な需要を予測し、生産・販売計画の適正化を図る。

需要予測サービスのイメージ
出典元:プレスリリース
2021年春夏シーズンより、まずはセレクトショップなどのアパレル関連企業数社の協力のもと、本サービスのテスト運用を開始する。また、2022年春夏からの本格展開に向けて、伊藤忠商事の持つ幅広い知見やネットワークを活用することにより、アパレル向け需要予測サービスの業界への普及とサプライチェーンの効率化に貢献していくという。今後は、日本気象協会において長年に亘り培われてきた気象ビッグデータの解析技術、及び、商品需要予測における知見やノウハウを活用することで、ファッション業界におけるサステナビリティ課題の解決とビジネスモデルの進化を目指すとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。