Today's PICK UP

NEC、イギリス政府が主導する「5G Open RAN」の実証プロジェクトに参加

NECは英国政府が主導する5G Open RANを活用した実証プロジェクト(プロジェクト名 「NeutrORAN」)に参加すると発表した。
「NeutrORAN」は、複数の通信事業者が無線ネットワークを効率的に共有、活用できるソリューションを用いて、5G Open RANを稼働させる実証プロジェクトだ。同ソリューションの活用により、通信事業者は基地局の投資効率を向上させられる可能性があり、過疎地域などへの適用が期待されている。NECは、「NeutrORAN」で実証されるシステムが、英国だけでなくグローバルに展開できる可能性があると考えているという。

NECは、英国にOpen RANの事業開発拠点(Center of Excellence、以下CoE)を2020年11月に設立した。「NeutrORAN」は、CoEが実行する初期プロジェクトの一つであり、2021年中の稼働を予定している。

本件について、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省のOliver Dowden大臣は、「この革新的なウェールズでの実証プロジェクトへのNECの参加を心より歓迎します。本プロジェクトは、通信事業者のネットワーク構築に関して、より多くの選択肢を提供するものであり、グローバルな通信サプライチェーンの多様化に寄与するものです。また、先日NECから発表された英国でのOpen RAN CoEの設立に続き、このプロジェクトは、英国に対するNECの強い貢献の意思を示すものです。」と述べている。また、NECヨーロッパ社のCEO、Chris Jackson氏は「本プロジェクトは、Open RANを英国に導入し、5Gの展開を加速する契機になると考えています。」と述べている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。