Today's PICK UP

保険適用の「ニコチン依存症治療アプリ」が販売開始

株式会社CureAppは、ニコチン依存症を対象とした治療用アプリである「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)が、2020年12月1日に薬価収載され保険適用の対象機器となり、販売を開始したと発表した。
本製品は、2020年8月に薬事承認を得て、2020年12月1日に保険収載された。医療機関の禁煙外来にてニコチン依存症と診断された患者に医師が「CureApp SC」を処方した場合、患者は保険適用で(3割負担など)本製品を利用できる。本製品は、いつも身近にあるというスマートフォンの特性を活かし、ニコチン依存症における心理的依存にアプローチしていくという。診療以外の時間にも患者の禁煙継続のために医学的に正しい介入を行い、約600名を対象とした治験(臨床試験)でも効果が認められているとのことだ。

なお、本製品の保険点数は準用技術料として「在宅療養指導管理料のC110-2の導入期加算を準用して算定140点(1,400円)」と「在宅療養指導管理材料加算のC167を準用(4回分)して算定2400点(24,000円)」が算定され、合計で2540点(25,400円)となる。

■CureApp SCについて

CureApp SCは、禁煙外来で治療を受ける患者の院外での治療補助をするために医師から処方される医療機器。本製品は患者アプリ・医師アプリ・COチェッカーの3つから成り立つ。患者アプリは常に患者の側にあるスマートフォンの特性をいかし、個々の患者の治療状況や体調などに合わせて個別化したガイダンスを適時提供する。在宅や勤務中など医療者の介入が難しい「治療空白」期間をアプリが支援することで、禁煙継続率が向上するという。また、患者用アプリへの入力内容から前回の診察以降の患者の日常の様子を医師が詳細に把握することできるため、より効率的で質の高い禁煙治療を可能にする。疾患治療のために医師が患者へ処方する治療用アプリは新しい治療法(デジタル療法)として国内外で注目されており、すでに欧米では国の承認を得て保険償還されるかたちで実際に患者へ処方され始めている。CureApp SCも治験によって安全性と有効性が確認されており、薬事承認取得および今回の保険収載に至ったとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。