Today's PICK UP

Criteo、ブランドセーフティ強化のためOracle Data Cloudと連携

Criteo (クリテオ)は、既存のブランドセー フティ機能をさらに強化するため、Oracle Data Cloudとの連携を発表した。
これにより、予測入札ツールであるCriteo AI エンジンがOracle Contextual Intelligenceと連携し、ブランドに適した様々なカテゴリーにおいて、リアルタイムのコンテンツレビューと分類をプリビッドでクライアントへ提供できることになった。

ブランドセーフティは、センシティブなニューストピックや偽情報の増加を懸念する広告主やマーケターの間で引き続き注目を集めている。最近のInteractive Advertising Bureau(IAB)の調査によると、業界の専門家の77%以上が2020年の最優先事項としてブランドセーフティを挙げているという。Criteoは、Oracleとの連携を通じてこれらの業界ニーズに対応し、スケーラビリティとパフォーマンスを提供しながら、マーケターのためにさらなるブランド保護を実現するとのことだ。

Criteoのグローバルパートナーシップ&アライアンス担当シニアバイスプレジデントであるレン・オストロフ氏は次のように述べている。「Criteoは、ブランドとパブリッシャーに安全で透明性が高い広告体験を提供することに尽力しています。Oracle Data Cloudはコンテクスチュアル・インテリジェンスのリーダーです。この連携により、プリビッドでセマンティック(語義)検出できる性能がCriteoのブランドセーフティ機能に加わり、より良いサービスをお客様に提供できるようになります」

Oracle Contextual Intelligenceは、広告をブランドに適したWeb ページや広告枠に表示することで、個人識別子に依存せずキャンペーンの成果向上を支援する。Adaptive machine learning (適応型機械学習)を活用し、Webページ上のキーワード判定を行うため、広告主はブランドをネガティブなコンテンツやキーワードと関連付けられることを回避でき、また、ブランドにとってより適切で影響力のある掲載面へ広告を配信できるようになる。

Oracle Data Cloud プロダクトマネジメント担当シニアディレクターであるクリス・スターク氏は次のように述べている。「ブランドセーフティへの進行中かつ急速に進化する懸念に対処するため、Criteoと連携して業界の専門家に適切なテクノロジーソリューションを提供できることを嬉しく思います。私たちの目標は、広告主が広告掲載をよりコントロールできるようにし、ブランドセーフティに関する議論の高まりを長期的なブランド適合性の重視へシフトすることです」

Criteo は、2020年2月からOracle Data Cloudとの連携を開始。このブランドセーフティ強化機能は、すべてのクライアントに追加コストなしで自動的に提供される。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。