Today's PICK UP

Sansan、Fringe81社との資本業務提携を発表

Sansan株式会社は、Fringe81株式会社への第三者割当に応じ資本業務提携を行ったと発表した。
本提携により、Fringe81が提供するコラボレーション改善クラウド「Unipos」と法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」との連携を通して相互サービスの価値向上を目指すことを検討し、さらにFringe81が有するインターネット広告領域に関するノウハウを活かして、Eight事業における広告配信システムを強化することを目指す。これらの取り組みにより、両社の中長期的な事業価値の最大化を目指すという。なお、本件におけるSansanの出資金額は1.6億円。

■資本業務提携の理由及び内容について

同社は、「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションに掲げ、クラウド名刺管理サービスを中心とする事業展開を行なっている。法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」では、交換した名刺をデータ化し、社内に共有することで、人脈の管理や活用ができるようになる。また、いつでも同僚にSansan上で連絡が取れたり、名刺交換の実績から社員の人脈の強みを可視化できる、同僚コラボレーションという機能を通して、ユーザー企業の組織の活性化に貢献してきた。また、名刺アプリ「Eight」では、Eightのビジネスネットワークを活かした広告配信を行うことにより、BtoBの商材であっても、的確な購買層に届けることができる広告配信を行うことができる。

Fringe81は、ピアボーナスというこれまでになかった新しい仕組みで、従業員一人ひとりの貢献を見える化し、組織課題の解決に向き合ってきた。特に、コロナ禍において、従業員同士の顔が見えず、企業が組織のコミュニケーション課題を感じている中においては、企業の連帯を強めるための大きな役割を担っている。そして、同社が創業以来手掛けてきた、主力事業であるインターネット広告領域においては、秀でた技術的知見や事業開発力を有している。

今回の資本業務提携を基に、両社はSansanとUniposの機能連携および、Eightの広告配信システムの強化を検討していくとのことだ。

■両社コメント

Fringe81株式会社 代表取締役CEO 田中 弦
「今回の、Sansanとの資本業務提携を嬉しく思います。以前より、SansanにはUniposのサービスをご利用いただいており、Uniposの提供価値や今後の構想をご評価いただき大変ありがたいです。SaaS企業の先駆者であるSansanから学ぶ機会を活かしながら、両社のプロダクト連携や共同マーケティングなど、強固なパートナーシップを推進し、企業価値のさらなる向上につとめて参りたいと思っております。
この度、Sansan社との資本業務提携により、当社のビジネスはさらに加速できると信じています。」

Sansan株式会社 取締役/Sansan事業部 事業部長 富岡 圭
「今回の、Fringe81との資本業務提携を嬉しく思います。当社は『出会いからイノベーションを生み出す』というミッションのもと、人と人のつながりを起点に、社会に新しい価値を提供してきました。今回のFringe81との提携により、同社の持つUniposや広告配信のノウハウを当社事業に活かし、さらなる価値提供を目指します。
また、当社が有する、BtoB SaaSビジネスにおける、マーケティングやカスタマーサクセス、セールスなどのノウハウをFringe81に積極的に提供することで、同社の事業価値の最大化に貢献できるものと考えています。今回の資本業務提携が、共に大きな成長ができるきっかけになればと考えています。」

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。