Today's PICK UP

アルペン、リアルとバーチャルの融合を目指す「バーチャル店舗」をオープン

KAKUCHO株式会社は、株式会社アルペンがオープンする仮想店舗にwebARの技術提供をしたと発表した。
株式会社アルペンが自社ブランド「TIGORA」のバーチャル店舗をオープン。それに伴い同ブランドが起用する三浦理志氏・加治ひとみ氏をAR化。等身大の両名がTIGORAのウエアを身にまとい目の前に出現する。昨今、新型コロナウイルスの影響でテレワークが急速に普及するなど新たな生活様式が定着してくるなか、株式会社アルペンは次世代の店舗戦略としてXRの導入を積極的に行なっている。その中でKAKUCHO株式会社はAR技術を通して新しい時代の店舗体験を今後もサポートしていくという。

■webARとは

「webAR」は専用のアプリを開発することなくwebブラウザ上で、ARを簡単に使用できる技術。ECにwebARを実装することで、利用者は自宅で商品のサイズやカラーを確認することができる。また、実物に近いリアルな3Dを体験することで、最終購入決定の後押しにもなるとのことだ。

■バーチャル店舗

バーチャル店舗のオープンに伴い、三浦理志氏・加治ひとみ氏をAR化し、販売しているファッションのコーディネートを確認することができる。また、店舗の外でも「いつでも」、「どこでも」ARを閲覧することが可能となっている。
出典元:プレスリリース

■実際の利用シーン

リアルとバーチャルが融合した店舗では、下の画像のようにQRコードを読み込んで、ARを出現させることができる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。