Today's PICK UP

ボイスメディアVoicy、配信者に対する再生数比例の収益化プログラムを2021年より開始

ボイスメディアVoicyは、音声需要の拡大にこたえ、配信者に対して、再生数に応じて収益化できるプログラムを2021年より開始すると発表した。
これは、企業による「スポンサー」、リスナーによる月額課金機能「プレミアムリスナー」に続く、3本目の配信者収益化プログラムとなる。2020年12月現在、システムを開発中。2021年より開始予定とのことだ。

■ボイスメディアVoicyについて

ボイスメディア「Voicy」は日本発の音声メディア。ビジネスのプロや芸能人などによる「声のブログ」、4大マスメディアの記事が声で聴ける「メディアチャンネル」、企業が発信する「社外報(オウンドメディア)」など、500以上のチャンネルが楽しめる。パーソナリティは審査制で、活躍するパーソナリティを応援するスポンサーも増えてきているという。20〜40代の若い世代を中心に利用されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。