Today's PICK UP

ブロックチェーンを活用し3DCGデータ等の大量保存・2次創作・2次流通・販売ができるWEBサイトが開発

株式会社PocketRDは、ブロックチェーンを活用し、3D技術を活用したアートワーク等、CG創作物全般(以降3Dデータ)の大量保存、2次創作、2次流通、販売が可能となるWEBサイト「Pocket collection」を開発したと発表した。
3Dデータを取り巻く環境では、5G、6G等の登場による超高速通信の標準化により更なるコンテンツの充実化が求められている。それによりアニメ、映像、映画、ゲーム、XR各業界において、制作スピードのアップが必須となる中、現場では著作権の所在が明確化な3Dデータアセットの枯渇が課題視されている。

そこでPocketRDは、世界中のアーティストの3Dデータの権利をブロックチェーン技術(事頁参照)で保護し、不正利用摘発の検知の仕組みも用意。2次創作、2次流通においても権利を管理し、利益分配を行え、多くのクリエイターによりブラッシュアップされることで、クリエイティブの価値をさらに高めることが可能なプラットフォームを構築した。このエコシステムの提供により、機械やAIには真似の出来ない人間だけができる創造、クリエイティブが生まれることが期待できるとのことだ。
出典元:プレスリリース
主要機能として、多くのクリエイターの創作活動における中心的なプラットフォームとなれるように、大容量ストレージ機能によるポートフォリオ掲載機能、プロジェクトマネジメント機能によるグループによる制作活動、マーケットプレイス機能による購入・販売も可能にし、その創作活動を全面的に支援する。

また、同社が特許を取得した不正検知機能も搭載。3次元著作物において「どのように権利を主張するか」を特定する基盤技術だ。データの構造やモーションに創意工夫がある場合、それらの特徴点を抽出し、権利の主張点として特定、権利保護基盤内にある特徴点が類似している著作物を自動探索する基盤技術を実装し、健全なマーケット構築を目指すという。

Pocket collection(β版)では、参加できる人数を限定(100名)して実証実験を行い、機能やサービスの改善に役立てたいと考えているという。

■Pocket collectionの主要機能

​多くのクリエイターの創作活動における中心的なプラットフォームとなれるように、大容量ストレージ機能によるポートフォリオ掲載機能、プロジェクトマネジメント機能によるグループによる制作活動、マーケットプレイス機能による購入・販売も可能にし、その創作活動を全面的に支援する。

1.ブロックチェーン(権利保護、権利流通)
出典元:プレスリリース
権利管理、創作履歴、取引記録など3Dデータの流通(2次流通)・遷移をブロックチェーンで保護。モデラーやリガーといった様々なアーティストたちの共同制作(2次創作)において、権利保護や利益の分配も可能。

2.プロジェクトマネジメント
登録クリエイターへの直接のコミュニケーション機能を搭載。クローズドの環境も作れるため、機密保持も可能。

3.大容量ストレージ
クリエイターの使いやすさを設計したストレージ。ブロックチェーンを活用した創作履歴管理も搭載。先行サービスより料金も安価に設定。自分の作品の制作進行管理、他者との共同作業も行える。

4.マーケットプレイス
先行サービスの売買取引手数料は30~60%と高額。Pocket collectionは売買取引手数料を安価に設定することで、さらなる取引の活性化を図る。

5.不正検知機能(特許第6726417号)
3次元著作物において「どのように権利を主張するか」を特定する基盤技術。データの構造やモーションに創意工夫がある場合があり、それらの特徴点を抽出し、権利の主張点として特定し、権利保護基盤内にある特徴点が類似している著作物を自動探索する基盤技術を実装する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。