Today's PICK UP

InveniAIと協和キリン、AI創薬技術による新規標的探索の協業を開始

InveniAI LLCと協和キリン株式会社は、InveniAIのAI創薬プラットフォームであるAlphaMeldを新規標的探索に活用するため、共同研究提携を拡大したと発表した。
2018年より両社間でAlphaMeldを用いたパイプラインの新しい疾患への再発明を介したポートフォリオ価値最大化を目的として協業をしてきた。今回の提携拡大により、協和キリンはAlphaMeldのさらなる活用が可能になり、様々なアンメットメディカルニーズを満たすことのできる抗体医薬品パイプライン創製のため、新規標的探索やその検証を実施する。また、開発候補品を臨床開発フェーズへ進めるにあたり複数のプログラムを選択することが可能だ。本契約に基づき、InveniAIは一時金、開発や販売にともなうマイルストン、売上に伴うロイヤルティを受け取る。

協和キリンの執行役員研究開発本部長である鳥居義史氏は次のように述べている。
「協和キリンは、最先端の創薬モダリティ技術を用いて世界中の皆さんの健康と安全に貢献すべく日々邁進しております。従来のモノクローナル抗体と比べて多くの利点を有する次世代抗体技術に関して、研究をさらに前進させる機会を得ることができ非常にうれしく思っています。また、これまでにない規模とスピードで疾患と創薬標的との間の関係性を包括的に特定できるAI・機械学習の技術を有するInveniAIとパートナーシップを築くことができ、大変満足しています。今回の提携拡大により、時間とコストを最小限に抑えつつ、最も成功の可能性が高いプログラムを優先して臨床試験に進めることが可能になると期待しています」

InveniAI LLCの社長兼CEOであるKrishnan Nandabalanは、次のように述べている。
「協和キリンとは最初のコラボレーションが順調に進んでいました。今回提携拡大できたことは、抗体、低分子、RNAi、遺伝子治療などの複数のモダリティにまたがる有意義な治療法の発見と開発を推進するために、当社のAI技術が継続的に成功していることの証です。そして臨床開発の様々な段階にあるこのプラットフォームから生まれた数多くのプログラムは、このプラットフォームの信頼性と妥当性を証明しています。そのプログラムの一つである、当社の姉妹会社が開発したBXCL501は、最近、第3相試験の解析を完了し、このマイルストンを達成した初のAIを搭載したプラットフォームとなりました」

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。