Today's PICK UP

静岡県浜松市、「オンラインDX相談会」を実施

浜松市では、市内企業へのデジタル技術の導入を通じて、新しいビジネスモデルや製品の創出を促進する目的で、「ベンチャー企業等DX推進事業」を実施している。本事業の一環として、DX導入を検討している人を対象に、「DXオンライン相談会」を下記のとおり開催すると発表した。
・日時
令和2年12月14日(月)~18日(金)のうち希望の日時で30~60分程度
※オンラインzoomにて実施

・内容
無料相談会にて現状把握、課題抽出をし、簡易なアクションプランまでをアドバイス。具体例として、以下のような課題を相談できる。
【具体例】
・DXによる新規事業を進めていくにあたり一連のプロセスがわからない
・既存のシステムがうまく連携しておらず現場の運用負担が大きい
・リモートワークを推進したいが何をしたらいいかわからない
【アドバイザー】
K.S.ロジャース株式会社 代表取締役 民輪 一博 氏
京都大学在学中にスタートアップでCTOとして事業売却を経験。その後、2017年にK.S.ロジャース(株)を創業し、代表に就任。同社では、日本全国の経験豊富なエンジニアが在籍し、技術的な知見を軸に、大手・ベンチャー企業等のサービス開発、DX推進などを手掛ける。

・対象
浜松市内企業であれば業種を問わず幅広く対象となる。
→DX推進を通じて、会社・事業を成長させていきたい経営陣
→DX推進をしていきたいが、具体的な進め方に困っている担当者

・申込
下記URLの応募フォームからお申込みください
https://hamamatsu-dx.ks-rogers.co.jp/workshop/index.html

・備考
相談会に参加し、より具体的な実行プランの立案、実行サポートを希望する場合は別途ハンズオン支援に申込むことができる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。