Today's PICK UP

「【12月度版】Googleコアアルゴリズムアップデートレポート」が公開

株式会社CINCは、自社で開発・提供しているWebマーケティングの調査・分析ツール「Keywordmap」を活用して、Googleのアルゴリズムアップデートについて調査した「Googleアルゴリズムアップデートレポート」の12月度版を公開した。
今回のGoogleアルゴリズムアップデートレポートでは、コンテンツ評価優勢度、EATの重要性、2020年検索市場のまとめと2021年の予測などの考察について調査・分析をし、最新のGoogleのリリース情報も掲載している。レポートはこちらに公開されている。

■今回のレポートのTOPICS

・SERPs変動分析
コンテンツの評価が優勢となった可能性がある
画像の意味とページテーマの一致度が影響した可能性がある
・2020年のGoogle検索市場傾向まとめ
テキスト以外のフォーマットが評価される傾向
アクティブなサイトが評価される傾向
検索行動データを活用した検索結果の最適化
・2021年のGoogle検索市場予測
情報伝達手段としてのフォーマットの更なる多様化
ユーザーの検索意図や期待を阻害するサイトの下落
検索から答えに辿り着くまでの速さの向上

■アルゴリズムアップデートとは

Googleは検索結果画面(SERPs)の順位を決定するアルゴリズムアップデートを定期的に実施している。アルゴリズムアップデートが起こると、大小差はあるが各Webサイトの検索結果上における順位が変動する。Webサイトの順位は各サイトの流入数を大きく左右するため、Webマーケティングの施策を検討する際に動向をウォッチすることはとても大切だ。

人気記事