Today's PICK UP

トミー ヒルフィガー、2020年秋冬コレクションを「あつまれ どうぶつの森」に期間限定で提供

トミー ヒルフィガーは、ゲーム『あつまれ どうぶつの森』にて、2020年秋冬トミー ヒルフィガー コレクションのバーチャルレプリカ版を提供すると発表した。
これにより、プレイヤーは期間限定でゲーム内のコードを使って季節のスタイルを実際に購入、キャラクターに着せることが出来るようになる。この展開は、エンターテインメント、ポップカルチャー、Eコマースを革新的に融合させ、トミー ヒルフィガーの世界に没入できるデジタル体験を消費者に提供するという取り組みに基づいている。『あつまれ どうぶつの森』で12月27日~29日の期間中に無料ダウンロードが可能な、他に類のないゲーム内ブランドスペース「トミー・フォレスト」から、2020年秋冬コレクションのバーチャル版が入手可能だ。

以下のようなインフルエンサーがお気に入りの「トミー・フォレスト」のルックや体験をシェアする。
・ジャスミン・サンダース:モデル、アクティビスト。プレイドチェック柄ブレザーを着用。
・レオニー・ハンヌ:ファッションインフルエンサー、アントレプレナー。ストライプ柄のハイウエストテーパードトラウザーズとストライプ柄メタリックブレザーを着用。
・ケーラ・デプリンス:バレエダンサー。カラーブロックニットのレターマンカーディガンを着用。
・エルヴァ・ニー:モデル、TVプレゼンテーター、ヨガ インストラクター。“TOMMY ICONS”のケープジャンパーを着用。
・9m88(ジョウエムバーバー):マルチジャンル ミュージシャン。カラーブロックのダウンパーカを着用。
・メリッサ・サッタ:TVプレゼンテーター。ハイネックのバーシティモノグラムジャンパーを着用。
・カルロ・セスティーニ:モデル、インフルエンサー。アルパカブレンドのテクスチャードクレストジャンパーを着用。

プレイヤーは、雪に覆われた「トミー・フォレスト」に招待され、3ピーススーツと蝶ネクタイ、ポケットチーフを身につけたトミー・ヒルフィガー氏のアバターが主催する、バーチャルパーティーに参加することができる。本イベントでは、プレイヤーが冬ならではの遊びに参加したり、屋内のトミー ヒルフィガー ブティックで買い物をしたり、木を植えたりすることができる。トミー ヒルフィガーの「Waste Nothing and Welcome All(無駄をなくし、すべてを受け入れる)」というサステナビリティのミッションに基づき、ブランドは「トミー・フォレスト」に植えられたバーチャルツリー1本につき、実際の木を1本エコ エイジ(EcoAge)の「グローバルフォレスト」に植樹するという。EAGlobalForest@eco-age.comに連絡すれば、プレイヤーに代わって植えられた本物の木の詳細も知ることができる。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。