Today's PICK UP

松竹、AR歌舞伎コンテンツを体験できるアプリをリリースへ

松竹株式会社は、「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ 『INTO by Shochiku』 、及びそのアプリ内で楽しめるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance "Shakkyo"~』(以下、Reverse Reality)をリリースすると発表した。
出典元:プレスリリース
本アプリは、エンタテインメントと先端技術を掛け合わせた「未来の観劇体験」がテーマだという。「Reverse Reality」では、伝統芸能・歌舞伎とAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を融合させることよって、歌舞伎の新たな楽しみ方を提案する。スマートフォンやタブレットのカメラ越しに、歌舞伎俳優・片岡愛之助氏扮する獅子が現れ、約6分間の舞踊を披露する。AR技術を用いることで、体験者のいる場所が“舞台”となり、目の前で歌舞伎俳優の演技や、蝶・牡丹が舞う空間演出を楽しむことができる。

本コンテンツは、歌舞伎舞踊の『石橋(しゃっきょう)』を題材とし、獅子が毛を大きく振る場面が見どころだ。ARの立体的な映像表現との親和性が高く、実際の舞台公演にも劣らない躍動感と迫力を表現したとのことだ。

歌舞伎俳優の表現には、ボリュメトリックキャプチャ技術を用い、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成している。勇ましい表情や美しい毛の流れといった細部まで再現され、360°の自由な視点から楽しむことが可能だ。
出典元:プレスリリース
また、本コンテンツでは2種類の異なる楽しみ方が用意されている。
①時間や場所を問わず、歌舞伎舞踊をARで表示する楽しみ方
②PCやタブレットで配信される、特別な背景映像と合わせて観劇する楽しみ方(1月中旬発表予定)

アプリ概要
[アプリ名]    INTO by Shochiku
[コンテンツ名] 『Reverse Reality ~KABUKI Performance "Shakkyo"~』
[提供開始日]   2021年1月15日(金)予定
[対応]      iOS/iPad OS:13.7以降、 Android:10以降

人気の記事