Today's PICK UP

アクセンチュア、コネクテッド空気清浄機の生産性強化と新サービス開発を支援

アクセンチュアは、家庭および業務用空気清浄機の世界的リーダー企業であり、ユニリーバ傘下のブルーエアに対して、クラウドベースの新IoTプラットフォーム、およびデジタル技術を活用した製造プラットフォームを提供したと発表した。ブルーエアは、このプラットフォームを使って細菌やウイルスを常時遮断するコネクテッド空気清浄機HealthProtectを開発し、販売を開始した。
アクセンチュアは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を利用してクラウド上にIoTプラットフォームを構築した。これによりブルーエアの利用者は、モバイルアプリや多言語の音声コマンド(日本では未対応)を使って室内の空気をリモートで管理し、フィルター交換が必要になると通知を受けることができる。また、機器のファームウエアはリモートでデバッグ、自動更新される。さらにアクセンチュアは、製造業のデジタル変革における専門知識を活用して、ブルーエア用にデジタル技術を活用した製造プラットフォームを開発し、コネクテッド空気清浄機の組み立てや検品作業の自動化を実現したとのことだ。

アクセンチュアが開発したこれらのプラットフォームによって、ブルーエアは生産性の大幅な向上、クラウド関連支出の削減、フィルターの売上増加につなげることが可能になった。また、ブルーエアは、今回開発されたIoTプラットフォームの再利用可能なアセットを活用することで、よりスピーディーな製品やサービスの向上を実現している。

ブルーエアCEOのヘンク・イン・ト・ホフ(Henk in ’t Hof)氏は次のように述べている。「最先端の空気清浄機であるHealthProtectは、待機モードの状態でも細菌の侵入を遮断するユニークな製品で、アクセンチュアはその顧客体験向上に貢献してくれました」

アクセンチュア インド 消費財サービスグループのマネジング・ディレクターで、ブルーエア担当責任者を務めるマニッシュ・グプタ(Manish Gupta)氏は次のように述べている。「このたび、新たなデジタル製造およびIoTプラットフォームを導入することで、ブルーエアは製造工程やアフターセールスをインテリジェント化し、新たなサービスの提供で収益を上げるビジネスモデルへと進化しました」

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。