Today's PICK UP

ビジネスマッチングアプリ3サービスがマッチング総数20,000組を突破

CXOバンク株式会社は、同社が開発運営するビジネスマッチングアプリ「CXOバンク」「セールスバンク」およびHUNT BANK株式会社が運営する「ハントバンク」のマッチング総数が20,000組を突破したと発表した。
「CXOバンク」「セールスバンク」「ハントバンク」では経営者同士や営業同士、そして就活生とのマッチングがこの年末年始も休まずに365日毎日創出されている。完全無料で良質なマッチングを提供しており、SNSと口コミを中心に広まり登録数は増え続け、マッチング総数20,000組を突破したとのことだ。

■ユーザー増加の背景

新型コロナウイルスの影響でオフラインでの大規模な展示会や合同説明会などのイベントが開催しにくい状況となり、またダイレクトセールスなどの訪問も難しくなった為、オンラインマッチングサービスの需要が高まり、従前のSNSではできなかった良質なマッチングができるとの口コミが広がっており、「CXOバンク」「セールスバンク」「ハントバンク」はSNSと口コミで広まり続け毎日ユーザーが増えているという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
「CXOバンク」「セールスバンク」「ハントバンク」は実名制、且つ10項目以上にも亘る厳密な審査制であり、審査通過したユーザーだけが使える完全無料のアプリケーション。経営者も営業も就活生も興味のある者同士がマッチングできる。面識のなかったユーザー同士がマッチングし、売上拡大やM&A、採用等に繋がっているとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。