Today's PICK UP

Wi-Fi電波でユーザーの室内を監視するホームセキュリティシステムが発売へ

Origin Wireless Japan株式会社は、ホームセキュリティシステム、Hex Homeの発売を発表した。
Hex Homeホームセキュリティシステムは、Hex Command(据え置き型の親機)、Hex Sense(コンセントに直接さす子機)という2種類のデバイスを設置し、Wi-Fi電波によりユーザーの室内を監視するサービスだ。人が動くとWi-Fi電波の反射が変化するので、Hex Homeは、この電波変化を計測し、何か有意な動きが検出されるとユーザーに通知するという仕組み。ユーザーは、Hexアプリを通じて室内での動きをリアルタイムで(かつ過去履歴も)確認でき、サイレンを鳴らしたり通知をカスタマイズしたりできる。

米国本社Origin Wireless, Inc.の創業者兼CEOのレイ・リュー博士は、「長い間、ホームセキュリティ業界では複雑で高価なハードウェアが使われてきました。私たちは、Hex Homeを通じて、最先端の独自技術によりホームセキュリティをシンプルで安価なサービスへと再定義していきます。」と述べている。

Hex Homeを使えば、ユーザーは誤報に悩まされることはないという。AI技術を駆使した10段階の感度レベルを設定することで、ペットの動きや機械的な動きをフィルタリングできるからとのことだ。このデジタル感度の設定機能は、Wi-Fiセンシングを使ったセキュリティであるHex Homeだからこそ実現できるという。これには、Wi-Fiセンシングを用いたOrigin Wireless AIを活用。これは、標準的なWi-Fiプロトコルに30以上の特許に支えられた高度な信号処理技術を適用して、周囲の動きを詳細に検知する仕組みだ。

Hex Homeは、これまでのホームセキュリティシステムと異なり、少ない機器で広範囲をカバーする。Hex Command1台とHex Sense1台の基本セットで60㎡程度の広さまで監視することができる。(Hex Senseを増やせばより広い範囲を監視可能)カメラを使用しないので、プライバシーに対する心配もないという。短時間でセットアップが可能で、簡単に設置ができ、死角がなく、柔軟性がありながらも、本格的なホームセキュリティとしての十分な安心感が得られる。

Hex Homeホームセキュリティシステムは、2021年春に、一般向けに販売開始する予定だ。24時間365日の監視サービスは月額980円(税抜)で、サービスに必要なデバイス基本セットは18,000円(税抜)。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。