Today's PICK UP

「CDP市場の市場規模推移・予測」が発表

株式会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)は、国内のCDP(Customer Data Platform)市場の市場規模推移および予測を発表した。
CDPは、自社サイトのアクセスログ、購買データ(自社で蓄積した顧客の個人データであるファーストパーティデータ)、顧客データ(顧客が意図的に企業に提供したゼロパーティデータ)などを統合・正規化し、各種のチャネル(メール配信システムや広告配信システムなど)にセグメントされた情報の作成と活用を目的とする製品・サービス。CDP市場の2019年度の売上金額は70億円、前年度比27.3%増と大幅な伸びを示した。2020年度もベンダー全般的に新規ユーザーの獲得が進んでいることから、同20.0%増が予想される。トレジャーデータが市場を牽引しているが、市場参入ベンダーは増加傾向にあり、各社の積極的なマーケティング活動によって、市場認知度が向上し、幅広い業種での導入が進んでいる。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、顧客へのアプローチのデジタル化が進みつつある。また、GDPR(EU一般データ保護規則)などの個人情報保護強化の動きによってサードパーティデータの利用が制約を受けていることから、ファーストパーティデータなどの活用ニーズが高まっている。これらがCDP市場拡大の要因となり、同市場のCAGR(2019~2024年度)は20.8%と高い伸びを予測している。

図.CDP(Customer Data Platform)市場規模推移および予測(2018~2024年度)
出典元:プレスリリース
調査概要
今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」に詳細が掲載されている。同レポートには、メール・マーケティング市場(メール送信市場、メール処理市場)、Webマーケティング市場(CXプラットフォーム市場、入力フォーム最適化市場、CDP市場)の国内全45ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載している。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。