Today's PICK UP

「CDP市場の市場規模推移・予測」が発表

株式会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)は、国内のCDP(Customer Data Platform)市場の市場規模推移および予測を発表した。
CDPは、自社サイトのアクセスログ、購買データ(自社で蓄積した顧客の個人データであるファーストパーティデータ)、顧客データ(顧客が意図的に企業に提供したゼロパーティデータ)などを統合・正規化し、各種のチャネル(メール配信システムや広告配信システムなど)にセグメントされた情報の作成と活用を目的とする製品・サービス。CDP市場の2019年度の売上金額は70億円、前年度比27.3%増と大幅な伸びを示した。2020年度もベンダー全般的に新規ユーザーの獲得が進んでいることから、同20.0%増が予想される。トレジャーデータが市場を牽引しているが、市場参入ベンダーは増加傾向にあり、各社の積極的なマーケティング活動によって、市場認知度が向上し、幅広い業種での導入が進んでいる。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、顧客へのアプローチのデジタル化が進みつつある。また、GDPR(EU一般データ保護規則)などの個人情報保護強化の動きによってサードパーティデータの利用が制約を受けていることから、ファーストパーティデータなどの活用ニーズが高まっている。これらがCDP市場拡大の要因となり、同市場のCAGR(2019~2024年度)は20.8%と高い伸びを予測している。

図.CDP(Customer Data Platform)市場規模推移および予測(2018~2024年度)
出典元:プレスリリース
調査概要
今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」に詳細が掲載されている。同レポートには、メール・マーケティング市場(メール送信市場、メール処理市場)、Webマーケティング市場(CXプラットフォーム市場、入力フォーム最適化市場、CDP市場)の国内全45ベンダーへの調査に基づいた2018~2019年度売上げ実績および2024年度までの売上げ予測を掲載している。

人気記事