Today's PICK UP

ソフトバンクと東京大学、ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を行うプロジェクトの協力校を募集開始

ソフトバンク株式会社と東京大学先端科学技術研究センターは、ICT(情報通信技術)を活用して障がい児の学習・生活支援を行う実践研究プロジェクト「魔法のプロジェクト2021 ~魔法のMeasure(メジャー)~」の協力校の募集を、2021年1月20日から開始すると発表した。
「魔法のプロジェクト」は、特別支援学校や特別支援学級、通常学級に所属する児童・生徒と教員などに、タブレットや人型ロボット「Pepper」、スマートスピーカー、電子書籍リーダーなどのICT機器を1年間無償で貸し出し、学校や家庭において活用し、その実践事例を研究・公開することで、障がい児の学習・生活支援を促進することを目的としている。2009年度から開始した「魔法のプロジェクト」では、これまでに延べ約700校が実践研究に協力しているという。「魔法のプロジェクト」の開始から12年目となる2021年度は、過去11年のプロジェクトの成果を生かしながら、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応として、遠隔でのセミナーおよびスーパーバイザーによる指導・助言を強化して実施する。

・スーパービジョン(指導・助言)制の導入
「魔法のプロジェクト」で実践研究を重ね、ICTを活用した学習・生活支援に豊富な経験を持つ教員などが、スーパーバイザーとして指導や助言を行う仕組みを導入する。研修セミナーおよび指導・助言は遠隔会議システムを活用して参加することができ、研修セミナーの動画の視聴や内容の確認が可能だ。

・テーマ別研究会の設置
2021年度は「理解と定着のためのノートテイク」「知的障がいのある子の金銭管理」「社会生活のための自立した移動」「肢体不自由でテクノロジー機器の操作や活用が難しい子どものアクセシビリティ確保」の四つのテーマ別の研究会に継続して取り組む。なお、協力校の教員は任意で参加が可能。

・自治体が複数校を取りまとめて応募することが可能に
学校単位ではなく、教育委員会などの自治体が複数校を取りまとめて応募することが可能だ。これにより、自治体主導で専門性の高い教員が育成され、特別支援教育の質がさらに向上することが期待されるという。

■目的

最新のICTやさまざまな社会的・人的資源を活用しながら、学習や生活、就労に対して困難を抱える児童・生徒、学生などを支援し、自身の持てる力を引き出す。また、特別支援教育にICTを活用する能力を有する教員の輩出およびその実践研究成果を広く普及させることを目的とするとのことだ。

■募集概要

・応募資格:    
(1)日本国内の特別支援学校、小中学校・高等学校の特別支援学級、小中学校および高等学校でインクルーシブ教育もしくは発達障がいの指導に取り組む学級および教育委員会、障害者職業能力開発校、障害者職業訓練校、障害者能力開発校
(2)特別支援教育の分野で臨床研究を行う大学および大学院(臨床研究を行う大学生または大学院生と、その研究対象者に携帯情報端末を貸し出す)
・募集期間:2021年1月20日~4月9日
・選考結果:2021年4月中旬までに、各応募者へ通知。
・実践研究期間:2021年4月1日~2022年3月31日(1年間)

人気記事