Today's PICK UP

"ケーブルをつまむだけ" で通信エリアが構築できるアンテナを、NTTドコモが開発

株式会社NTTドコモは、ケーブルをプラスチック小片でつまむだけで通信エリアを構築できるアンテナを世界で初めて(※)開発し、60GHz帯域での実証に成功した。(※2021年1月20日現在、ドコモ社調べ)
5Gサービスで利用している28GHz帯(ミリ波)や、6Gに向けて開拓を進めているさらなる高周波数帯の電波は直進性が強いため、基地局から見通せない場所や周囲を障害物で囲まれた場所の通信エリア化が課題となる。

今回ドコモが開発した本アンテナを活用することで、5G以降の世代で利用される高周波数帯の安定した通信エリアをきめ細かく構築することが可能になり、人や機材が遮蔽物となりえる工場やオフィスでのレイアウトフリー化など、高周波数帯の電波を活用した利用シーンを拡大できる。

本アンテナは、高周波数帯の電波を伝搬するケーブル(伝送線路)である「誘電体導波路」の任意の箇所をプラスチック小片でつまんだ際に、つまんだ箇所から電波の一部が「誘電体導波路」の外部に漏洩するという物理現象を利用し、ケーブルをつまむだけでつまんだ箇所の周辺に通信エリアを構築できるエリア化ツールだ。ケーブル上のどこをつまんでも通信エリアを構築でき、複数の箇所を同時につまむと複数の場所で同時に通信エリアを構築できるため、必要な場所で必要な時にすぐに高速通信を利用できるようになる。

また、不要な場所のプラスチック小片を取り外すと電波の放射を止めることができるため、電波干渉を抑え、かつ必要な場所の電波を強くするなど柔軟で効率的なエリア構築が可能となる。「誘電体導波路」は5G以降のより高い周波数帯でも利用可能な伝送線路として期待されていて、本アンテナは5Gとその先の6Gにおける高周波数帯のエリア化ツールとして活用の幅が広がると考えられる。
アンテナの60GHz帯域での実証模様

アンテナの60GHz帯域での実証模様

出典元:※プレスリリースより
本アンテナの詳細は、2021年2月4日(木)~7日(日)にオンライン上で開催される「docomo Open HouseTM 2021」にて公開予定とのこと。また、2021年度上期から5Gサービスで利用している28GHz帯(ミリ波)での本アンテナによる通信エリア構築の検証を開始し、実用化を目指しているという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。