Today's PICK UP

国産ドローンを活用した「屋内DXソリューション」がリリース

株式会社自律制御システム研究所(以下、ACSL)と、ブルーイノベーション株式会社は、ACSLの国産産業用ドローン「Mini」と、ブルーイノベーションのソフトウェアプラットフォーム「Blue Earth Platform (以下、BEP)」を連携させた屋内作業のDXソリューションを共同開発したと発表した。

■共同開発・展開の狙い

ACSLは、独自開発した自律制御技術と非GPS環境下での自己位置推定技術「ビジュアルスラム」を有しており、それらを搭載した高性能な国産ドローンの販売実績が豊富だ。一方、ブルーイノベーションは、複数の自律移動ロボットを協調・連携させて複雑な業務を遂行させるソフトウェアプラットフォーム「BEP」と非GPS環境下での自己位置推定技術「マルチセンサポジショニング」を有しており、導入実績を積み上げている。今回の協業により、両社の強みである非GPS環境下で飛行するドローンを活用した屋内作業のDXソリューションの開発を進め、社会実装を加速していくとのことだ。

■5G通信/エッジAIドローンによる「プラント自動点検ソリューション」

プラント内の人手による点検作業を自動化させるソリューション。近年、プラントや工場では、機械や設備の故障・不具合の兆候を事前に捉え、トラブルが発生する前にメンテナンスを行う予兆保全のニーズが高まっている。効率的・効果的な予兆保全には現場設備の点検状況をデータ化し、リアルタイムに共有・蓄積する必要がある。現在は人の巡回による目視点検が主流で、多くの現場で手書きのチェックリストが使用されている。そのため点検に多くの人員と時間を要し、その結果も属人化し共有・蓄積されづらいという課題があるという。

このような人手依存、効率化の限界、属人化リスクなどの課題の解決を目指し「プラント自動点検ソリューション」を開発。5G通信デバイス(5Gコネクティングデバイス)を搭載したドローン「Mini」が巡回することで、人が介することなく設備の状態やデータをデジタル化する。取得データはエッジ側(ドローン側)でリアルタイムにAI解析され、その場で解析結果の把握が可能だ。取得した大量のデータは高速かつ安全にBEPで共有・蓄積され、解析結果に応じてBEP上でドローンやカメラに新たなミッションを自動で付与し遂行させることで、高速かつ効率的、低コストでの点検を実現する。
出典元:プレスリリース

■RFIDドローンによる「倉庫内在庫管理ソリューション」

倉庫内棚卸作業を自動化、デジタル化、効率化するソリューション。倉庫内物流では、入出庫管理やその情報をもとにした理論在庫管理など一部業務のデジタル化が進んでいるものの、棚卸業務は作業員による計数作業が主流となっている。他業務を止めての人手による棚卸作業の非効率性、かつ高所作業での危険性が指摘されている。

この過重労働、人為ミスリスク、作業員の安全確保課題の解決を目指し「倉庫内在庫管理ソリューション」を開発した。RFIDリーダーをドローン「Mini」に搭載し、作業員による計数作業にかえてRFIDリーダー搭載のドローンでデータ取得することで、倉庫内棚卸作業をデジタル化・効率化する。また、BEPを活用することで複数のドローンによる同時棚卸や、既存システム(AGVやロボットなど)と連携させ、他の作業工程も含めた統合管理が可能となる。今後、業務終了後にドローンをはじめとした既存システムが全自動で在庫棚卸を行い、翌朝に結果を確認できるサービスにも対応していくとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事