Today's PICK UP

アシックス、施設や工場で従業員の行動分析ができる「ワーキングソリューションシステム」を開発

アシックスは、施設や工場内における従業員の位置情報などを記録して分析し、労働状況を可視化するワーキングソリューションシステムを開発したと発表した。
同システムは、現在同社が開発を進めているスポーツデータ統合システム「TUNEGRID(チューングリッド)」を応用したもので、施設や工場における従業員の働き方改革に貢献するサービスの構築を目指している。

本システムでは、「TUNEGRID」のコア技術のひとつである小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube(チューングリッド・キューブ)」を活用。「TUNEGRID-Cube」は重さ約5グラムの小型BLEセンサで、時間に応じた歩数を記録できるほか、検知器と連動することで着用者の位置情報を取得することが可能だ。2020年10月には、本システムの実用化に向けて、株式会社 神戸デジタル・ラボと共同で、100%子会社であり国内唯一のシューズ生産拠点である鳥取県の山陰アシックス工業株式会社で実証実験を行った。山陰アシックス工業の工場内に検知器を配し、複数の従業員が「TUNEGRID-Cube」を装着したワーキングシューズを着用して数週間通常業務を行い、その行動を分析。その結果、着用者の移動履歴、施設への入退室時刻や滞在時間など、業務中の従業員の行動を可視化することができたとという。得られたデータは、今後の業務改善のための課題抽出や改善施策導入後の効果検証などへの活用が期待できるとのことだ。また、本システムを活用することで、遠隔地のPCやモバイルでも従業員の日々の働き方を確認することが可能になり、在宅勤務などニューノーマルの働き方にも適しているという。

実用化に向けて、システムのさらなる性能向上および市場ニーズの把握を目的に、株式会社 神戸デジタル・ラボと共同で、日本ロジテム株式会社の協力のもと、同社の物流倉庫での実証実験を1月中旬から実施している。物流倉庫における作業員の作業効率や行動量の定量化と可視化をはかり、業務改善のための課題抽出や効果検証などを行えるサービスの構築を目指す。

移動軌跡の結果表示イメージ
出典元:プレスリリース
日本ロジテム株式会社での実証実験の計測レポート画面
出典元:プレスリリース

人気記事