Today's PICK UP

ソニー・グローバルエデュケーション、アプリ上の3D空間でロボット・プログラミングが学習できるサービスを提供へ

株式会社ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボット・プログラミング学習キットKOOV(クーブ)の法人向けサービスKOOV for Enterpriseの利用者向けに、アプリ上の3D空間でロボット・プログラミングが学習できるサービス「VIRTUAL KOOV」の提供を2021年4月より開始すると発表した。
2017年に販売を開始したKOOVは、ブロックを組み合わせて遊ぶ中で表現力を高め、プログラムで動かすことで探求心を培い、子どもたちの創造力を育成するロボット・プログラミングキット。日本、中国、アメリカの子どもたちによって専用のアプリケーション上に投稿されたロボットは15万作品を越えているという。VIRTUAL KOOVは、さらに物理演算シミュレーターによって摩擦や重力の概念までを再現し、極めて現実の世界に近い形で問題解決の学びをアプリケーション内で完結できるもの。そのため、物理的な場所や機材など学習環境の制約なく、オンライン教育にも活用可能だ。また、今後国際的なロボットコンテストKOOV Challengeの開催やオンライン経由での作品共有機能を通じて、ユーザー同士の学び合いをサポートする予定とのことだ。

■VIRTUAL KOOVの特長

・使いやすい専用アプリ
VIRTUAL KOOVは、Windows、Mac、iPadに対応した専用のKOOVアプリで、直感的に理解できる「ビジュアルプログラミング」を利用しながら操作が可能。そのため他のビジュアルプログラミング環境であるScratchやMakeCodeを利用した学びからも、スムーズにステップアップが可能だという。
出典元:プレスリリース
・学びやすい専用教材
VIRTUAL KOOVに対応した専用のデジタル教材をあわせて提供する。バーチャル空間の特長とゲーミフィケーションの要素を組み合わせた課題解決型の教材のため、楽しみながらプログラミング的思考を育むことができる。
出典元:プレスリリース
・発展的な学習内容
情報通信ネットワークや人工知能(AI)など、これまで体験的な学習が難しいとされる領域への対応を予定している。バーチャル空間で様々な実験を行うことで、段階的にロボット・プログラミングからコンピューターサイエンスまでを学べるようになる。

ソニー・グローバルエデュケーションは、次世代の教育基盤づくりを志向し、テクノロジーを活用した教育分野のイノベーションの実現に向けて挑戦してきた。未知なる未来を生きる子どもたちにとって、必要な知識や経験も時代と共に変化していく。VIRTUAL KOOVでの体験を通じて、プログラミングスキルの習得のみならず、答えが一つではない課題へ失敗を恐れずに試行錯誤をくり返し、創造性とやり抜く力を身につけることを期待しているという。

人気記事