Today's PICK UP

成城石井、全186店舗でスタッフの負担を軽減するクラウドサービスの導入を決定

株式会社ドリーム・アーツは、株式会社成城石井において、多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん(ショップラン)」の採用が決定されたと発表した。2021年3月よりスーパーマーケット「成城石井」の全186店舗にて利用が開始される予定だという。

■「Shopらん」採用のポイント

今回、成城石井が「Shopらん」を導入決定するにあたり、次のような効果が期待できることを評価したという。
・ツール統合:本社-店舗間で行われていた、複数のツールで行われるバラバラのやりとりを「Shopらん」に集約・統合することで情報処理にかかる負担軽減
・実行力の向上:「Shopらん」による店舗タスクの自動整理で店舗が実行しやすい環境を整備することに加え、ダッシュボードでの作業進捗を可視化
上記に加えて、システム導入により店舗のスタッフに負担をかけないよう、「操作がわかりやすく、直感的に使える」という点もポイントになったという。見た目がシンプルというだけではなく、店舗の運用・オペレーションに最適化された「Shopらん」の画面構成や機能によって、店舗スタッフに負担をかけずに運用できると判断したとのことだ。
出典元:プレスリリース
成城石井 業務改革室 室長代理 間山英俊氏のコメント
「当社の店舗運営においては「実行力」を特に重視しています。これまでも本社や店舗の工夫により一定の実行力が保たれていましたが、これまでの本社-店舗間のやりとりは、バラバラに導入した複数のツールにより双方ともに負担のかかるものになってしまっていました。今回、2021年3月から全186店舗で「Shopらん」の利用を開始する予定です。利用開始後は、これまで利用しているさまざまな本社-店舗間のコミュニケーションツールを順次「Shopらん」に統合していきます。「Shopらん」を活用することで、現場が実施すべきことを確実に遂行できる「実行力の向上」と、さまざまなツールを統合・集約することでの「店舗スタッフの負担軽減」を実現していきます。これにより、私たちが大事にしているイノベーション(革新)を起こすための時間的・心理的な余裕も創出できるのでは、と期待しています。付帯業務を圧縮し、お客様に満足いただくための本来業務に注力することで、お客様の声をしっかりと収集し、イノベーション(革新)に活かしていきます。そして、当社が目指す「食にこだわる人たちのためのライフスタイルスーパー」を確立していきます」

人気記事