Today's PICK UP

ブロックチェーン技術を用いてアニメーション領域で新しい価値創出を目指すAni-Tech企業・YUIMEX、シードラウンドでの資金調達を実施

株式会社YUIMEXは、ANOBAKA (旧KVP)、iFund、Upstart Venturesの3社を引き受け先とした第三者割当増資による、シードラウンドの資金調達を実施したと発表した。
UIMEXでは「世界に結い目を、デジタルに愛を」というコーポレートビジョンのもと、事業展開。現在、ブロックチェーン技術を用いた価値証明を通じて日本が世界に誇るアニメ文化への、テクノロジーによる革新的アプローチを行うAni-Tech(Animation-Technology)領域を掲げている。今回の資金調達により運営中のデジタルコレクションサービス『AniPic!(アニピク!)』をはじめとした、デジタルプラットフォーム構築や、マーケティングの強化を図る。AniPic!ブランドのテクノロジーを活かした新しいグッズプロダクトや、アニメ・マンガ作品向けのデジタル美術館サービスもAniPic!内にローンチを予定しているという。また、近日中に「AniPic!ストア」をオープン、AniPic!ブランドの「メモリアルグッズ」、「テクノロジーグッズ」を展開予定とのことだ。

■投資家コメント

・ANOBAKA 中 縁嗣氏
「岡本さんを中心とするチームのアニメに対する情熱と、圧倒的な手数の多さやスピード感に惚れて応援させていただきました。 アニメーションやコンテンツ領域は日本が世界をリードしている限られた領域です。また、ブロックチェーンによりクリエイターやファンが三方よしにコンテンツに関われる未来を描ければアニメ業界をさらに拡大すると思っています。 YUIMEXのようなグローバルで成功するであろうチームに携われて嬉しく思います。ANOBAKA一同、YUIMEXのMad Dream実現に向けて伴走していきます!」

・iFund パートナー/北濱 丈司氏(JJコンビ)、 パートナー/明神 洸次郎氏(JJコンビ)
「世界で渡航が制限される中で日本の文化として「アニメ」がより注目され始めています。映像コンテンツの枠を超えたデジタルサービスの提供を試みるYUIMEXは代表岡本氏のアクティブな経営と、アニメ業界に精通したチームで事業を加速させています。業界の慣習に捉われず、Ani-Techを通して創られる新しい文化に向かって共に歩んでまいります。」

・Upstart Ventures 代表パートナー/上杉 修平氏
「このような形でYUIMEXチームとして、これから共に歩んでいけることをとても嬉しく思います。YUIMEXは、メンバー全員がアニメーション・コンテンツ業界のバックグラウンドを持つユニークなチームで、出資時からメンバーの情熱と手数の多さを目の当たりにしてきました。社内外の様々な方から愛され、彼らサポーターと共にこの若いチームが業界に革新をもたらすことを期待しています。」

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。