Today's PICK UP

600株式会社、自販機DXを支援するAIを活用した自販機訪問最適化システムを提供開始

無人ストア事業を展開する600株式会社は、自社の無人ストア事業の運営によって培ったノウハウを基にした自販機DX事業の一環として、自販機の訪問最適化に特化したAIを用いた新サービス「Vending Hero」(ベンディングヒーロー)を提供開始すると発表した。
自動販売機のルートオペレーション業務においては、『ルート担当者の能力によってルート毎の運営の質が変わってしまうこと』や『ルート担当社員の高齢化や人手不足に対応した業務の効率化の必要性が高まっていること』、『長時間労働を是正する働き方改革が急務であること』などが課題として顕在化しているという。Vending Heroを導入することで、これまでルートオペレーション担当者の勘と経験に頼っていた自販機の訪問スケジュールやルートの策定がAIによって自動化される。また、自販機の商品コラム(自販機を開けた裏側にある商品を入れる入り口)も売れ行きを考慮して最適化されたセットが自動的に提案される。この訪問スケジュールと商品コラムの最適化によって、無駄な訪問が減ると同時に、販売の機会ロスを減らすという。それによって、ルートオペレーション業務の業務効率の改善を図るとともに、残業時間の削減による働き方改革、及び自販機の収益改善を実現するとのことだ。

【主要な機能】
・コラムと補充本数の最適化
売上情報と商品毎の投入コラム制約条件、季節情報等を考慮して、売上を高めながらも売切を付けず、訪問頻度を減らす最適なコラムセットをAIが自動的に算出する。

・自販機訪問計画の最適化と自動化
様々な制約条件(訪問時間指定、担当シフト)や売上情報などを考慮して、AIが毎日の自販機訪問計画を自動的に算出。当日だけでなく、2週間以上の長期訪問計画を最適化した上で当日の訪問計画を確定させるのがVending Heroの特徴だ。それによって、無駄な訪問が減り、最適なタイミングで最適なルートでの訪問が可能に。

・改善効果の可視化とデータ経営の推進
ルート担当毎の補充本数の推移や、売上金額、販売ロス率など、様々なデータをダッシュボードで表示。ルート担当者や営業所長、企画部や経営陣などあらゆる立場の人が必要とするデータを可視化する。

・その他の機能
出典元:プレスリリース

人気記事