Today's PICK UP

NTTドコモ、英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」の日本販売を開始

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、米国法人Otter.ai, Inc.と、グローバル化が進む日本のビジネスパーソンの生産性向上のため、Otter.ai社が提供する英語音声を自動で文字起こしをする音声認識AIサービス「OtterTM」のBusinessプラン販売について、日本における2年間の独占販売契約を締結したと発表した。
本契約締結により、ドコモは国際的な交渉・会議の多い日本の法人顧客向けに、英語の議事録作成の作業を自動化できる「Otter」のBusinessプラン販売を2021年3月9日から開始する。またドコモの100%子会社である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、ドコモ・ベンチャーズ)を通じて、Otter.ai社に2021年3月に追加出資する。

「Otter」は、前後の文脈に合わせて文章を自動修正しながらリアルタイムに精度の高い文字起こしを行うのが特徴で、さらに発話者の音声を識別し、複数の発話者と内容をセットでデータ化することなども可能だ。ドコモを通じて契約することで、日本企業でのニーズが高い日本円での請求書払いが選択でき、1アカウント33,000円/年(税込み)でOtter Businessプランを利用できる。

また今後、自動翻訳アプリ「はなして翻訳」で培った音声翻訳のノウハウをもつドコモ、精度の高い文字起こし技術をもつOtter.ai社に加え、TOEIC960点相当の機械翻訳サービスである「Mirai Translator」を提供する株式会社みらい翻訳の3社で連携し、より高度なサービス提供に向けて、検討を進める。

ドコモ、ドコモ・ベンチャーズは今後本契約を足がかりに、Otter.ai社と協力して日本市場における文字起こしの新規マーケット開拓、サービス開発、およびさまざまなパートナーとの連携強化を推進するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事