Today's PICK UP

手術ナビゲーションシステムのAIを共同開発へ、東京医科歯科大学とヒューマノーム研究所が発表

株式会社ヒューマノーム研究所は、国立大学法人東京医科歯科大学と「人工知能技術を用いた手術ナビゲーションシステムの研究」に関して、共同研究契約を締結したと発表した。この提携を通じて、胃癌に対する低侵襲手術(腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術)における膵周囲切離ライン(膵臓領域)の予測を実施し、AIが術者の補助となる可能性を示す結果を得た。本成果については、2021年3月12日に日本内視鏡外科学会学術総会にて発表するという。
日本は超高齢化社会を迎え、病院における手術件数も年々増加傾向にある。一般的な開腹手術は侵襲性が高く、術後の社会復帰まで10〜14日程度の日数を必要とするため、患者に身体的な負担・生活上の負担が大きくのしかかる。この問題点の解決に向け、開腹を避け、少数の穴をあけるだけで手術できる、腹腔鏡下手術やロボット手術が脚光を浴びている。退院までの日数が短く、患者の身体的負担が少なく済む利点の一方、近年急速に普及した手技のため、現状では実施できる病院が限られる。加えて、術者の視野がメスに隣接したカメラに限定され、通常の視野とは異なることが、外科医の手技習熟を妨げてきたという。

この問題を克服するため、AIを活用した「外科医の手技習得育成システム整備」と「術中の医療ミスを避けるサポートシステム」の開発に向けた本共同研究を開始したとのことだ。さらに、この成果を、2021年3月12日に行われる第33回日本内視鏡外科学会学術総会「特別企画10・AIが切り拓く次世代の内視鏡外科」にて発表する。

本成果は、より侵襲性の少ない手術手法の普及に貢献する。この共同研究開始に先立ち、株式会社ヒューマノーム研究所は 同社が開発する物体検知モデル開発システム・Humanome Eyesの特別カスタマイズ版を東京医科歯科大学に提供。本システムを用いて、腹腔鏡下手術を専門とする医師が術中写真のアノテーションを実施したデータを元に、胃がん手術のナビゲーション用AIモデル開発を行ったという。
出典元:プレスリリース
今後は、より多様な環境下における臓器認識や手術ナビゲーションの実現に向け、さらなるAIモデルの改善を実施し、現場の手術システムへの応用を目指すとのことだ。

人気記事