Today's PICK UP

阿蘇くまもと空港、「VRくまモン」を活用し「問い合わせ窓口の省力化サービス」を構築

モビルス株式会社は、コエステ株式会社とともに、熊本国際空港株式会社が2021年3月17日から約3ヶ月間期間限定で運用する「おしえてくまモン~阿蘇くまもと空港 バーチャルオペレータ~」(以下、本期間限定運用)の実験協力企業として参画すると発表した。
本期間限定運用は、阿蘇くまもと空港サテライトビル内の大型サイネージ上で、モビルスが提供するAIアバター接客「バーチャルオペレーター」による音声での問い合わせ業務の自動対応と、熊本県が実施する「くまモン共有空間拡大ラボ(以下、くまラボ)」によるバーチャルスタジオで撮影したくまモンの動画を活用したVRくまモンが登場するもの。くまモンバーチャルスタジオで撮影されたVRくまモンの利用は国内初となるという。バーチャルオペレーターとの音声による対話は、コエステが提供する音声合成技術「コエステーション」を活用している。また、音声での問い合わせの対話を可能とすることで、デジタルデバイドの解消を行う。

本期間限定運用を通して、空港施設利用者へのサービス向上とコロナウイルス対策として非対面による各種問い合わせ業務の対応、また問い合わせ対応の省力化とあわせ、リモート勤務者やコールセンターなど離れた場所での窓口業務の実現を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース
AIアバター接客「バーチャルオペレーター」による音声での問い合わせ業務の自動対応と、くまモンバーチャルスタジオで撮影されたくまモンの動画を表示するもの。大型サイネージと音声対話により、窓口・問合せ業務の省力化、デジタルデバイド対応を目的とした新しいデジタルサービス。

・運用期間:2021年3月17日(水)から2021年6月30日(水)
・対応時間:6時30分~21時30分
・実施場所:阿蘇くまもと空港 サテライトビル
・利用方法:空港内に設置している大型サイネージへ声で質問すると、バーチャルオペレーターが自動で回答する。

<対応可能な質問例>
・空港内のフロア・バス乗場案内
・空港内の施設案内
・空港のみどころ
・くまモンへの声かけ(踊って)

人気記事