Today's PICK UP

凸版印刷、新入社員研修コンテンツとしてバーチャル空間上に「VRオンライン研修センター」を設立

凸版印刷株式会社は、新型コロナウイルスによる社内外への感染拡大抑止と従業員の安全確保のため、2021年度新入社員研修を、昨年に引き続き完全オンラインで実施すると発表した。さらに、昨年度の新入社員研修プログラムの内容を踏襲しつつ、新たなコンテンツとしてバーチャル空間上に「トッパンVRオンライン研修センター」を構築。2021年度新入社員研修のメイン会場として、2021年4月1日より導入を開始する。
今回設立した「トッパンVRオンライン研修センター」は、トッパン小石川ビルをバーチャル空間上に忠実に再現。「TOPPAN Entrance」、「TOPPAN VR Hall」、「TOPPAN VR Academy」、「TOPPAN HR Mall」から構成される、バーチャルオフィスとして機能する。また、新入社員約20人に1人の割合で配置する先輩社員トレーナーもバーチャル空間上に出社。新入社員の不安を払拭する手厚いサポート体制をバーチャル空間上で整備する。

■「トッパンVRオンライン研修センター」の特徴

・TOPPAN Entrance(トッパンエントランス)
案内掲示板や学習コンテンツへの動線といった研修の導入部分として機能する部分。また、障がいを持つアーティストが描いたアート作品の、オンライン展示会場としても使用する。同時に、2020年11月に実施したVRオンラインアート展示会の舞台である、バーチャル空間上の龍寶山 大徳寺「瑞峯院」にも接続可能。さらに「リラックスできる呼吸法」の動画を視聴することができるリラックススペースも設置し、オンライン研修における新入社員の疲労軽減を目指す。

・TOPPAN VR Hall(トッパンVRホール)
トッパンホール内を360度VRで見学・体験できるとともに、舞台上にはオリジナルコンテンツ(凸版印刷の歴史、印刷技術に関する動画コンテンツなど)を配置。受講者がいつでも自由に学ぶことができる空間になっている。

・TOPPAN VR Academy(トッパンVRアカデミー)
印刷博物館のプロローグとVRシアターを見学できる。凸版印刷のVR技術やデジタルアーカイブの取り組みに関する動画コンテンツを視聴することができる。

・TOPPAN HR Mall(トッパンHRモール)
全席フリーアドレス制を導入したバーチャルオフィスで、新入社員研修のeラーニングプラットフォームにアクセスでき、そのプラットフォームにてオンライン講義の受講や先輩社員とのコミュニケーションなどを実施することができる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事