Today's PICK UP

メルペイ、「後払い決済サービスに関する実態調査」を実施

株式会社メルペイは、購入代金を後から支払うことができる後払い決済サービスの認知・利用状況について、後払い決済サービスの利用者・非利用者、総計800名を対象に「後払い決済サービスに関する実態調査」を実施し、結果を発表した。
昨今、国内でのコンビニ大手の参入発表など新たな動きもある後払い決済サービスだが、EC市場における後払い決済サービス決済額は、2022年には1兆3,500億円に拡大すると予想されている。また、海外での若年層を中心とした利用の拡大から、世界全体では2025年に後払い決済サービス市場の取引額が約72.8兆円に達するとの見込みが出ており、国内外で市場拡大の一途を辿っている。メルペイにおいても、2019年4月に「メルペイスマート払い(翌月払い)」の提供を開始し、2020年7月からは翌月以降に分けて支払うことが可能な「メルペイスマート払い(定額払い)」に対応、20〜30代の利用者を中心に幅広く利用されているという。今回、こういった利用の拡がりを受け、後払い決済サービスの利用実態や今後の可能性を明らかにすべく、調査を実施したとのことだ。

【調査概要】
調査時期:2021年3月13日(土)~3月15日(月)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国、10~50代、男女800名
(後払い決済サービス利用者/非利用者)

■調査結果詳細

1)後払い決済サービスの利用実態について
・後払い決済サービスは、約4人に1人が利用している。
商品の購入やサービスを利用する際に、普段使用している決済手段として23.3%が後払い決済サービスと回答し、約4人に1人が利用していることがわかった。
出典元:プレスリリース
・コロナ禍でキャッシュレス/後払い決済の利用頻度が増えたという回答が50%超で、特に若年層で多い。
新型コロナウイルス感染症拡大の前(2020年1月頃)と現在を比べ、50.5%と過半数がキャッシュレス決済(電子マネーやQRコード等決済)や後払い決済などを利用する頻度が増えたと回答。
年代別に見ると10代男性が51.3%、10代女性が52.5%、20代男性が57.5%、20代女性が58.8%と特に10代、20代の変化が大きいことが判明した。
出典元:プレスリリース
2)後払い決済サービスの認知・利用率、および利用者の感じているメリットについて
・後払い決済サービスにおいて、認知・利用率ともに「NP後払い」がもっとも高く、「メルペイスマート払い」が続く。一方、年代別に見ると「メルペイスマート払い」が若年層(10代〜20代)で認知、利用率共に1位に。
「NP後払い」が認知(32.4%)、利用(25.6%)とももっとも高いことがわかった。「メルペイスマート払い」は、これに次いで、認知(29.5%)、利用(17.0%)ともに2番目に高いことがわかった。
さらに、年代別の後払い決済サービスの認知・利用を比較すると、10代・20代の約36%が「メルペイスマート払い」を認知しており、若年層の利用や認知率がもっとも高いことがわかった。
出典元:プレスリリース
・利用者の感じているメリット「利用金額の把握」が非利用者の懸念事項(「利用金額を把握しにくい」)となっており、真逆の認識を持っている。
非利用者のうち29.3%が「利用金額を把握しにくいから」という理由で後払い決済サービスを利用しないと回答する一方、利用者のうち23.3%が「利用金額を把握しやすい」ことがメリットだと考えていることがわかった。非利用者の懸念点である使いすぎの不安に関して、利用者と認識のギャップが大きく、今後、実際に利用することで印象が変わっていく可能性があることが伺えるという。
出典元:プレスリリース
・各決済サービスの継続利用意向は、後払い決済サービスが利用者と非利用者の差分がもっとも大きく33.2%に。認識のギャップ解消や利用機会が増えることで他の決済手段より今後利用が拡大する可能性も。
後払い決済サービス利用者・非利用者に、商品購入をする際、今後も利用を継続したい(新たに利用してみたい)決済手段について質問したところ、後払い決済サービスに関して利用者の36.5%が継続利用意向がある一方、非利用者の新規利用意向は3.3%と最も低い結果となった。今後利用者と非利用者の認識のギャップが解消されることにより、他の決済手段に比べて利用が拡大する余地が大きいと推測されるという。
出典元:プレスリリース
3)後払い決済サービスの利用シーンおよび利用者特性について
・クレジットカードの保有有無に関わらず、後払い決済サービスを利用するシーンとして「日常の生活必需品などの買い物」が回答の上位に。一方で、クレジットカード非保有者は体験系消費での後払い決済サービスの利用が多い傾向。
後払い決済サービスを利用するタイミングについては、クレジットカード保有者(62.8%)、非保有者(60.2%)ともに「日常の生活必需品などの買い物」がもっとも多い回答。
一方で、クレジットカード非保有者は「英会話など学習系のサービス利用」や「旅行、映画やイベントやライブなど趣味体験のため利用」の項目でクレジットカード保有者より後払い決済サービスを利用する割合が高く、日常生活以外の体験消費での利用が多い傾向であることが伺えるという。
出典元:プレスリリース
※「日常の生活必需品などの買い物」以外の回答

・後払い決済サービス利用者のうち、クレジットカード保有者について、クレジットカードの平均月間利用金額は1〜3万円がもっとも多いが、後払い決済サービスは3,000円未満との回答が多く、少額決済での利用が顕著。
後払い決済サービス利用者のうち、クレジットカード保有者について、クレジットカードと後払い決済サービスの利用金額について質問したところ、クレジットカードの平均月間利用金額が1〜3万円未満という回答がもっとも多いのに対し、後払い決済サービスは3,000円未満との回答がもっとも多く、少額な決済において後払い決済サービスを併用していることがわかった。
出典元:プレスリリース
・商品やサービスを選択したり購入したりする際のタイプとの相関については、情報感度の高い利用者が後払い決済サービスを利用しているという結果に。
後払い決済サービスの利用者が非利用者に比べて「流行に敏感である」が19.8%高く、情報感度の高い利用者が多いことが判明した。
出典元:プレスリリース

人気記事