Today's PICK UP

NTTドコモら、5Gを活用した「遠隔バスケットボール教室」を実施

広島テレビ放送株式会社、株式会社NTTドコモ 中国支社(以下、ドコモ)、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(以下、エネコム)、株式会社ビーライズ、株式会社広島ドラゴンフライズ(以下、ドラゴンフライズ)、富士通株式会社、株式会社モルテンの7社は、遠隔地におけるスポーツ指導格差の解消を目的として、2021年3月18日に5G回線による映像伝送技術、VRによるスポーツ指導コンテンツ、ストリーミング配信技術を活用した「遠隔バスケットボール教室」を、広島テレビホールとドコモ中国支社間で実施したと発表した。
今回の「遠隔バスケットボール教室」は、都市部から離れた場所で運営されるバスケットボール教室の指導に対して、2020年度からB1(1部)に昇格した広島ドラゴンフライズのスクールコーチなどが遠隔地から様々な技術を活用して指導支援を行う。広島県内におけるバスケットボール教室のほとんどが、広島市や廿日市市などの都市部に集中しており、山間部や島しょ部での受講が難しい状況がある。また、広島県は女性の健康寿命が全国ワースト1位(2016年に厚生労働省が発表)であるが、広島ドラゴンフライズの昇格によりバスケ熱が高まっており、かつ、プレイヤーの女性比率が野球やサッカーに比べて非常に高いバスケットボールは地域課題の解決に最適といえるという。

5GとdOIC(ドコモオープンイノベーションクラウド)を活用したMEC(モバイルエッジコンピューティング)技術を活用した低遅延映像/音声伝送技術、VRを活用したプロ選手の目線による指導コンテンツ視聴、教室実施の様子をストリーミング配信することで、家族/親族が指導を受ける様子を見学するだけでなく、受講者が帰宅後や後日に復習として自身の動きや指導内容をアーカイブで閲覧することができる環境を提供する。

なお、今回の「遠隔バスケットボール教室」は、広島県とドコモによる「ひろしまサンドボックス PITCH TRIAL」の一環として実施した。

■システムの概要

出典元:プレスリリース

■実証当日の様子

ドコモ中国支社側(様々な技術を活用して遠隔で広島ドラゴンフライズ浦社長、岡崎GMが指導)
出典元:プレスリリース
広島テレビホール側(プロ選手のVR映像や4K360度ライブカメラなどを活用してスクールを実施)
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事