Today's PICK UP

タクシー業界のリモートワークを推進する「タクシー配車管理のリモート機能」がリリース

株式会社電脳交通は、withコロナ時代のタクシー業界における採用力向上や業務効率化に貢献する、「クラウド型タクシー配車システム」に自宅からタクシー配車管理ができる「リモート機能」を正式搭載したと発表した。
この機能は、インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクがあれば自宅からでも配車業務ができるようになるため、これまで困難だったタクシー業界の在宅ワークを可能にする。「リモート機能」は、以前より多くのタクシー事業者からあったタクシー配車室のリモート化に対する要望をもとに、開発実装したという。

■背景

日本国内のタクシー市場は、近年の市場縮小や就労者の高齢化に伴い、一部の都市圏や大手を除き経営難や人材採用に課題を抱えている事業者が多い状況にあったという。さらに2020年の新型コロナウイルス流行以降は、社会全体でコロナ感染対策のためのリモートワーク導入が推進されている状況にある。電脳交通は、こうした背景を踏まえ「タクシー事業者がリモートワーク可能となり、感染対策と同時に人材採用にも貢献するサービスの提供」を開発し、自社で開発するクラウド型配車システムに搭載したとのことだ。

■電脳交通の配車システム・リモート機能の特徴

電脳交通のクラウド型タクシー配車システムの「リモート機能」を活用すると、これまで社内に配備していた配車室と同様の機能を在宅・リモートワーク環境でも利用することが可能になる。

①専用デバイス不要
インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクがあれば、自宅からも配車業務ができる。

②電脳交通のセキュリティ対策により、個人情報漏洩のリスクをなくす
リモートワーク環境における個人情報アクセス等を制御するセキュリティ対策機能により、情報漏洩のリスクをなくす。

③短時間勤務可能
リモートワーク環境により、短時間・在宅ワーク人材の確保も可能にする。

④経験に基づいた「欲しい機能」だけを搭載
これまでの電脳交通が請け負ってきたタクシー配車委託業務から、欲しい機能だけを搭載した。

出勤のための市中移動が不要となるため、従業員の感染対策にも有効で、働き方改革や業務効率化の推進をサポートするという。

人気記事