Today's PICK UP

次世代電動シェアサイクル「LUUP」、JR西日本・南海電鉄と連携し大阪でサービス開始へ

株式会社Luupは、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)と南海電気鉄道株式会社(以下、南海電鉄)と連携し、2021年4月2日より大阪のキタ(梅田)・ミナミ(難波、天王寺)の2エリアにて電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを開始すると発表した。
南海電鉄とJR西日本が管理する駅の空きスペースなどにポートを設置し、駅を訪れる人が小型電動アシスト自転車のシェアリングサービスを利用することが可能となる。2021年の春から夏にかけて同ポートでの電動キックボードの導入も予定しており、街の人々に安全で快適な短距離移動手段を提供する。本取り組みを通じて、誰もがより安全で暮らしやすい持続可能な街づくりに貢献するという。

■背景

Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、日本に新しい短距離移動インフラを創ろうとしている。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指している。JR西日本は、公共交通を担う地域共生企業として西日本エリアの交流人口、関係人口を増加させることを目指す中で、 デジタル技術を活用して移動や生活サービスをシームレスに提供する「MaaS」を重要な経営課題ととらえ、MaaSアプリ「WESTER」「setowa」の提供、「関西MaaS検討会」への参画、島根県邑南町における地域公共交通のデジタル化に向けた配車システムの実証実験など様々な取り組みを進めている。南海電鉄は、不透明な事業環境の中でも継続・成長し続ける事業体であり続けるために、既存事業のさらなる深化と同時に、新たな事業領域の探索に取り組んでいる。具体的には、短距離の移動関連ツール(高速動画道案内サービス、傘シェアリング事業「choi-casa」)、ユーザーの趣味趣向に特化したツール(音楽活動トータル支援サービス「EveryBuddy」、テニスプレーヤープラットフォームサービス「LAWN」)などについて、社外パートナーとともに、新たな価値の創出を図るべく取り組みを進めている。

大阪を代表する交通事業者とLuupが事業連携を開始することにより、新しい移動手段を大阪の人に提供すると共に、将来的なMaaSの実現や、誰もがより安全で住みやすい持続可能な街づくりに貢献するとのことだ。

■連携内容

Luup・JR西日本・南海電鉄は相互に連携して、駅や不動産などの空きスペースにポートを設置していくことで、新しい移動手段を大阪の人に提供すると共に、将来的なMaaSの実現や、より安全で住みやすい街づくりを目指す。

■設置予定のポートについて

2021年4月2日(金)より、JR西日本と南海電鉄が管理する以下の場所にポートを設置予定。
・大阪駅(大阪府大阪市北区梅田3-1-1)(利用可能台数:70台)
・天王寺駅(大阪府大阪市天王寺区悲田院町10−45)(30台)
・森ノ宮駅北口(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-1−45)(8台)
・森ノ宮駅南口(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-1−45)(15台)
・大阪城公園駅(大阪府大阪市中央区大阪城3)(10台)
・桜ノ宮駅(大阪府大阪市都島区中野町5丁目1)(15台)
・南海なんば西口駐輪場(大阪府大阪市中央区難波5-1-60)(7台)

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。