Today's PICK UP

NEC、デジタルプラットフォームを通じて森ビルが進める「都市のDX」を推進

NECは、森ビル株式会社が管理・運営する複数の「街(ヒルズ)」において、居住者、ワーカー、来街者などの街の利用者に関連するデータ基盤の整備とその利活用を通じた、新たな価値創出に取り組むと発表した。NEC Smart Connectivityにより、利用者一人ひとりに最適化された情報発信やサービスの提供を実現し、森ビルが目指す「より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供」に貢献する。
森ビルは、六本木ヒルズをはじめとする「街(ヒルズ)」において、街の利用に係るデータや、街の中の様々な施設で得られるデータを統合・分析し、より豊かな都市生活・顧客体験に繋げるための都市のデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発し、4月5日からサービスを開始する。利用者ごとに最適なサービスの提供、利用者の体験価値の向上、街情報の見える化・マッチングによるコミュニティの活性化、施設運営の最適化といった新たな価値を創出していくことで、従来以上にシームレスな都市生活(ヒルズライフ)の実現を目指している。

この「ヒルズネットワーク」において、「NEC Smart Connectivity」が採用。本サービスは、IDを軸にして、人とサービス、人と都市、人と人のつながりを実現するデジタルプラットフォームであり、集積したデータを活用することで、個人の属性に合わせたサービスの最適化を実現する。

今回、本サービスと森ビルの「ヒルズID」が連携することで、利用者は、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど、森ビルが管理・運営する複数の「街(ヒルズ)」における様々なサービスをオンライン上で完結させることが可能となるほか、利用者の属性、街・施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、利用者一人ひとりに最適化された街の情報を受け取ることが可能となるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。