Today's PICK UP

Chromebookで日本語特有の「縦書き」「ルビ付き」文書に対応したGoogle Workspace用アドオンツールが発売

ゼッタリンクス株式会社は、Chromebookで「縦書き」「ルビ付き」文書に対応したGoogle Workspace用アドオンツール「こどもSuite(スイート)」を全国の小学校向けに発売したと発表した。
昨年度は文部科学省のGIGAスクール構想により全ての小中学校に1人1台の端末が整備された。その中でもChromebookは43.8%でトップシェアとなったという。しかしChromebook上で動作するクラウドサービスGoogle Workspace(旧名称:G Suite)は、日本語特有の「縦書き」や「ルビ付き」の文書に対応していない点や低学年では操作が難しいなど、導入が進む学校現場では授業で利用する上での課題となっていたという。そこでゼッタリンクスは先生の要望に応え、日本語のための「縦書き」「ルビ付き」文書の対応や、ローマ字入力が出来ない低学年向けの「五十音順ソフトキーボード」、低学年の児童でも簡単に操作できる「きっずメニュー」など、日本の学校現場で求められる機能を搭載したGoogle Workspace用アドオンツール「こどもSuite(スイート)」を開発したとのことだ。

これにより「縦書き」が求められる国語の授業での活用や、「きっずメニュー」による簡単操作で低学年やPC操作に不慣れな児童でもChromebookを使って発表資料を作成することができる。さらに、授業での活用シーンや教科・単元に合わせて作成した教材テンプレートやイラストも多数用意しているので、すぐに授業で活用することができるという。

■「こどもSuite(スイート)」の主な特長

・「縦書き」「ルビ付き」変換機能
Google Workspaceでは対応していない「縦書き」や「ルビ付き」の文書を作成する機能を搭載。横書きで入力されたテキストボックスを縦書き(図形イメージ)に変換し、ルビを振ることができる。これにより国語の授業で求められる縦書き文書の教材が作成できるようになる。
出典元:プレスリリース
・五十音順ソフトキーボード
ローマ字入力を習っていない低学年向けに、五十音順ソフトキーボードを用意。タッチ操作でひらがなやカタカナ、絵文字を入力することができる。
出典元:プレスリリース
・「きっずメニュー」による簡単操作
こどもSuiteのアドオンを実行すると、Googleスライドの右側に「きっずメニュー」が表示され、各機能がわかりやすいアイコンや名称で表示される。このボタンを押すだけで簡単に操作することができる。
出典元:プレスリリース
・「入力ガイド」が表示されるスマートテンプレート
児童のための「入力ガイド」が表示されるスマートテンプレートを用意。授業での活用シーンや教科・単元に合わせて分類されているので、すぐに利用できる。「入力ガイド」はボタンを押すことにより、表示/非表示を切り替えることができる。
出典元:プレスリリース
・教材や校務にも使える学校イラスト約2,000点
学校でよく使うイラストを2,000点以上搭載。発表資料作りや教材作成に利用できる。
出典元:プレスリリース

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。