Today's PICK UP

BitStar、ファッションD2Cブランドを手がける2社を買収し「新D2Cブランド事業」を本格始動

株式会社BitStarは、YouTuberをはじめとするクリエイタープロダクション事業・コンテンツ制作事業・インフルエンサーマーケティング事業に加え、新たにD2Cブランド事業「BitStar D2C」を本格展開すると発表した。
「BitStar D2C」の新設にあたり、ファッションD2Cブランド「FASHIRU」(ファシル)「JISTORY」(ジストーリー)を展開する株式会社Funと、「stk.」(エスティーケー)を展開する株式会社JOINT LABELの2社と株式譲渡契約を締結し子会社化した。

■D2C領域への参入経緯

幅広い世代に急速な広がりを見せているYouTube。かつては再生数に伴うアドセンス(広告)が収益の中心だったが、昨今YouTubeを軸とするマネタイズの手法は多様化し、その1つとしてD2C(Direct to Consumer)ブランドの展開が注目されている。一方でインフルエンサーによるブランドづくりにおいては、ファングッズの延長線上の脱却は課題であり、なかなかファン以外にブランドが展開されている事例が少ないのが現状だという。

BitStarではこれまでもインフルエンサーをはじめとする「ヒト」を起点としたグッズ制作やD2Cブランドづくりを支援してきたが、さらに2社を子会社化することで「モノ」起点のD2Cブランドづくりにも注力する。今後はヒト起点、モノ起点で培った本格的なものづくり、ブランディングやマーケティング、オペレーション、流通や販路などへの拡大をサポートすることで本格的なブランドづくりを支援するとのことだ。

■「モノ」起点のD2Cブランド事業

今回子会社化した株式会社Fun(ファン)と株式会社JOINT LABEL(ジョイントレーベル)は、Instagramを軸にセレクトショップ型のファッションD2Cブランドを提供している。主力ブランドの「FASHIRU」は、20代30代の女性を対象にコーディネート提案を併せて行うことでInstagramのフォロワー数は13万人を超える。姉妹ブランドの「JISTORY」では主に鞄や靴などのアイテムを展開。新規ブランドの「stk.」では30代女性向けのファッションブランドを展開している。
出典元:プレスリリース
BitStarは今後それぞれのブランドの成長をサポートしていくとともに、新規ブランドも展開していく予定だ。また、仕入れ・製造ネットワーク面においてもヒト(インフルエンサー )起点のブランド事業とのシナジー創出を目指すとのことだ。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。