Today's PICK UP

大成建設、建築現場のDX推進を目指しWi-Fi環境とAI・IoTを一体化したDX標準基盤を構築

大成建設株式会社は、株式会社インフォキューブLAFLA、PicoCELA株式会社、西尾レントオール株式会社の協力を得て、現場内でインターネット環境を網羅的にカバーするメッシュWi-Fiと従業員の作業状況を把握する「IoT活用見える化システム」を一体化し、建築現場におけるDXの標準基盤となる「T-BasisX」を構築したと発表した。
この基盤構築により、着工から竣工までの現場内における各種データを収集・分析することが可能となり、建築現場におけるDXを加速させ、生産性向上を図ることができるという。

これまで建築現場では、地下階、高層階など携帯電波の届かない場所ではインターネット利用が困難で、各階に配置された資機材等の位置を把握する際、測位用受信機器の大量設置が必要となっていた。そのため、現場内で無線環境の整備を行うには個々の現場の状況に応じて多くの手間やコストが必要となり、その結果、現場内での先進的な作業用ロボットの導入やAI・IoTを活用した現場管理を行う上で、大きな課題となっていたという。

そこで同社は、通信機能に優れたメッシュWi-Fiアクセスポイントと測位用受信機器を一体化させて利用することで、少数機器でのWi-Fi通信と高精度位置把握を可能とし、現場での無線環境整備の省力化とコスト削減を実現。また、CPS(Cyber-Physical System)の概念に基づき、これらの現場無線環境と2018年に生産施設を対象として開発した「IoT活用見える化システム」を連携させることで、様々な現場内データも収集・分析して一元化利用することが可能となり、現場の安全・品質管理や生産性向上に繋げると共に、顧客への報告や本支店の遠隔支援にも活用するとのことだ。
出典元:プレスリリース
「T-BasisX」の特徴は以下のとおり。

(1)現場内にメッシュWi-Fiを構築し、ICTツール等の適用範囲を拡大
現場内にメッシュWi-Fiを容易に構築でき、通信環境が不安定な地下階や高層階でも各種ICT機器やロボットの活用が可能となるなど適用範囲を拡大できる。
(2)Wi-Fiと測位用受信機器の一体化により、現場内の効率的な運用とコストを削減
Wi-Fiアクセスポイントと測位用受信機器を一体化利用し、効率的に設置することで、広範囲(機器1台あたり半径50m程度)で綿密な位置把握が可能となる。従来技術に比べ設置する機器数量を約60%削減でき、設置・盛替え等に係る大幅な省人化とコスト削減が図れるという。工程進捗によって、めまぐるしく通信環境が変化する建築現場でも臨機応変に適用することが可能となったとのことだ。
出典元:プレスリリース
(3)「IoT活用見える化システム」と連携し、現場内データを一元管理
作業員、資機材、ロボット等の位置データに加え、今後は現場に設置したWebカメラ映像、作業員の生体データ、気温・熱中症指数等の環境データなどを収集・分析するシステムと連携させ、様々な現場内データの一元管理を行うことが可能となる。その結果、効率的な施工計画の立案、重機同士の接触防止、危険エリア侵入検知等を行い、現場作業の安全・品質管理や生産性向上を図ることができる。
出典元:プレスリリース

人気記事