Today's PICK UP

ブランドセーフティーの問題に対応した動画広告向けソリューションを提供する「ZEFR」、三井物産と資本業務提携し日本市場に参入

動画広告向けのソリューションを提供するZefr, Inc.(以下、ZEFR)は、三井物産株式会社との資本業務提携を通じて、日本市場に参入すると発表した。ZEFRは三井物産のサポートの下で、三井物産子会社の株式会社Legolissや、様々な広告代理店と連携し、広告主へのYouTube動画広告向けソリューションの提供を進める。
ZEFRは、動画を解析する独自技術を有しており、動画広告市場を牽引するYouTubeおよびFacebookの公認パートナーに選出された企業。Cookieに依存しない新たな手法として注目を集めているが、ZEFRは広告主向けに、コンテンツ連動型で動画広告を配信するためのソリューション(コンテクスチュアルターゲティング)を提供しており、既にグローバルで数多くの広告主、広告代理店に利用されているという。

ZEFRは、YouTubeにアップロードされている大量の動画の内容を独自に解析しており、ZEFRのソリューションを利用することで、広告主は求めているブランドイメージに沿った動画にのみ広告を掲載する事が可能となる。また、ZEFRは、独自に選定したプレミアムな動画のみを配信先の対象にしているので、昨今広告業界の課題となっているブランドセーフティーの問題にも対応しつつ、その上でブランドイメージや広告効果の向上が期待できるとのことだ。

「ZEFRは三井物産と戦略的パートナーシップを結ぶことができ、大変嬉しく思っています。世界の広告費が、大手の動画プラットフォームに移行しつつある中、欧米の広告主は、より正確で透明性の高い動画広告を実施していくために、ZEFRのソリューションを求めています。三井物産とのパートナーシップにより、ZEFRのアジア太平洋地域での成長を加速できることを嬉しく思います。」
(ZEFR CEO Richard Raddon氏)

「現在、個人情報やCookie等の利用規制を強化する世界的な流れから、個人ユーザー単位でのターゲティングが困難となり、新たなターゲティング手法が求められてきています。そのような状況の中、ZEFRは、個人情報やCookie等を利用する事なく、コンテンツに合わせた動画広告配信を実現する技術を持ち、新しい時代に即したソリューションを提供しています。日本でも動画広告市場は右肩上がりに成長しており、特にYouTubeやFacebookは主要なメディアになっていますが、両メディアで最も効果的な広告配信を実現するソリューションがZEFRであると考えており、三井物産としても全力でZEFRを支援していきたいと考えています。」
(三井物産 ICT事業本部 デジタルマーケティング事業部 高波 喜一郎氏)

人気記事