Today's PICK UP

Visa、Apple Payへの対応を日本で開始

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(以下、Visa)は、VisaがApple Payへの対応を日本で開始すると発表した。
Apple Payは、Appleが提供するデジタル決済サービス。VisaカードをApple Payに設定することにより、Visaのタッチ決済対応店舗、アプリやウェブ上などで、シンプルでスピーディーかつ安心・安全に支払いが完了する。Apple Payは、モバイル端末でVisaのタッチ決済を実現するためのVisaのセキュリティ・プラットフォーム「Visa トークンサービス」を採用している。「Visa トークンサービス」は、Visaカードの番号や有効期限などの情報をトークンと呼ばれるデジタル識別子に変換することで、ユーザーがモバイル端末を使用して買い物をする際に実際のカード番号を使わずに決済を行う技術だ。これにより、スマートフォンの紛失や加盟店への不正アクセス等によるカード情報の流出を防ぐことが​でき、安心・安全なデジタル決済を可能にするとのことだ。
出典元:プレスリリース
Visaの代表取締役社長 スティーブン・カーピン氏は次のように述べている。「この度のApple Payの対応により、消費者ならびに加盟店の皆さまに、Visaのトークン技術による安全・安心なデジタル決済とVisaのタッチ決済を提供できることを大変嬉しく思っております。スマートフォンの普及や、昨今のコロナ禍における消費者の“非接触”に対する関心の高まりを受け、この度のApple Payへの対応が、日本におけるさらなるキャッシュレス化推進の原動力となることを期待しています。Visaでは、今後もシンプルでスピーディー かつ安心・安全なデジタル決済を提供することにより、消費者と加盟店の皆さまにシームレスな決済体験を提供してまいります。」

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。