Today's PICK UP

AI開発会社やAIサービスをまとめた「AI開発会社/AIサービスカオスマップ 2021」が公開

BizTech株式会社は、AI開発会社やAIサービスをカテゴリ別にまとめた「AI開発会社/AIサービス カオスマップ2021」及び「カテゴリ別レポート」を公開した。

■カオスマップ公開背景

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進が求められているビジネス環境において、AI(人工知能)の活用は必要不可欠な要素となっている。それに伴い、AI開発を支援する開発会社や、AIサービスを提供する会社もここ数年で急激に増えている。その結果として、日本におけるAI開発や活用がより身近になってきている一方で、AI活用を実現したい企業からは、どのような開発会社があるのか、またどのようなAIサービスがあるのかがわからない、といった相談を受けることが増えているという。そこでAI Marketでは、企業のAI活用を推進する立場から、開発会社やサービスをカテゴリ毎にマッピングしたカオスマップを作成したとのことだ。
出典元:プレスリリース

■カオスマップについて

本カオスマップでは、各社Webサイトやプレスリリース等の公開情報を元に、AI Marketが独自調査を行い、独自の視点でAI開発会社およびAIサービスを以下のカテゴリに分け、掲載している。

受託等サービス系
・AI開発会社(総合(画像認識・音声認識・自然言語処理・予測等)・エッジAI・医療/創薬系)
・アノテーション/データセット(総合・プラットフォーム)
・AI人材関連サービス(育成/研修・派遣/紹介/活用)

ツール系
・AI開発/活用プラットフォーム(総合・医療用)
・AI-OCR
・AIチャットボット
・レコメンド/Web接客
・法務・知財関連
・翻訳
・音声認識/文字起こし
・検索/要約/分析/感情認識等

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。