Today's PICK UP

子育ての課題をテクノロジーで解決する「BabyTech」を体験できる「ショールーミング展示会」が開催へ

株式会社パパスマイルは、大日本印刷株式会社(以下、DNP)と株式会社赤ちゃん本舗と協業し、2021年6月10日~7月9日に、アカチャンホンポ TOC店にて、「BabyTech TOUCH(ベビーテック タッチ)in akachanhonpo」を開催すると発表した。

■BabyTechを体験できるショールーミング展示会「BabyTech TOUCH」

子育ての課題をテクノロジーで解決するベビーテック商品やサービスを、妊活・妊娠期や乳幼児の子育て期の生活者が直接体験できる場を、妊娠・出産~乳幼児期の保護者、保育者のQoL向上に取り組むメーカー・小売・流通・不動産・金融等の企業や、ベビーテック関連商品を展開するスタートアップ企業とともに実現する。2020年8月にパパスマイルとDNPはベビーテック領域でパートナーシップを締結し、共に市場拡大に取り組んでいる。取り組みの第1弾として、子育て総合支援企業の赤ちゃん本舗との3社協業で「BabyTech TOUCH in akachanhonpo」を初開催するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■「BabyTech TOUCH in akachanhonpo」実施概要

期間 : 2021年6月10日(木)~7月9日(金)
場所: アカチャンホンポ TOC店 東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル5F
アクセス: JR山手線・都営地下鉄「五反田駅」徒歩8分、東急池上線「大崎広小路駅」徒歩6分
参加方法 : 参加費は無料で、予約不要。

■参加企業展示商品例

出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。