Today's PICK UP

楽天、ドローンを活用してゴルフコース管理を効率化する「楽天GORAドローンセンシング」の本格提供を開始

楽天グループ株式会社(以下、楽天)は、運営する国内最大級のゴルフ場予約サイト「楽天GORA」において、ドローンの撮影画像を活用してゴルフコース管理を効率化するサービス「楽天GORAドローンセンシング」の本格提供を開始すると発表した。
「楽天GORAドローンセンシング」は、従来はコース管理者が目視で行っていた芝の育成や病害発生などの状況確認を、ドローンでコース画像を撮影して専用ソフトで確認および分析する方法に代替することにより、ゴルフコース管理の省力化や薬剤、肥料散布コストの最適化を図るサービス。コース管理者は、事前にプログラムしたルートに沿ってドローンを自動航行させ、高画質なコース画像を撮影および分析することで、芝の活性度や表面温度に加えて、芝の生育差や日照を妨げる木々の繁殖、ゴルフカートによるダメージ箇所など、より詳細なコース状態を把握することができる。また、薬剤や肥料、水の散布状況も把握し、それらを与える場所、量、頻度等を適正に保つことが可能になるという。

楽天は、2020年6月から本サービスを浅見ゴルフ倶楽部に、2020年11月から大洗ゴルフ倶楽部に試験導入し、本格提供に向けたオペレーションの改善に取り組んできた。両試験を通して、コース管理の中でグリーンの管理が最も重要であることや、グリーンのより鮮明な画像を確認したいというコース管理者からの要望を受けたことで、本サービスの本格導入に至り、以下の2つの新機能を新たに追加したとのことだ。

1. 芝のダメージ箇所の自動検知と表示機能
ドローンが撮影する芝の活性度を示す画像を活用してダメージ箇所を自動検知し、専用ソフト上で表示する。これにより、芝の状態確認に要する時間を従来よりもさらに短縮することができる。

2. グリーンをより鮮明に撮影できる飛行機能
グリーン部分のみドローンの飛行高度を下げて撮影を行い、鮮明な画像を撮影することで、より目視に近い品質で芝の状態を確認できるようになった。グリーン部分の高度変更を行うルートは事前にプログラムしておくことが可能だ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。